田中聡 (防衛官僚)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

田中 聡(たなか さとし、1961年3月 - )は、日本の防衛官僚

人物[編集]

長崎県出身。福岡県立小倉高等学校を経て、大阪大学法学部卒業。

沖縄防衛局長であったとき、名護市辺野古での米軍普天間飛行場の代替施設建設に関し、政府が環境影響評価(アセスメント)の評価書の提出時期を明言しない理由について、2011年11月28日夜の報道各社との非公式の懇談で「これから犯す前に犯しますよと言いますか」という趣旨の発言をしたことが、地元紙・琉球新報の翌29日付朝刊で報じられ、女性への性的暴行に例えた発言に対し、沖縄県内で反発の声が広がった[1]。このため、2011年11月29日付で沖縄防衛局長を更迭され[2]、12月9日には、停職40日の懲戒処分を受けた[3]。しかし、その後復活し、更に4つの指定職ポストを務め上げた。

略歴[編集]

出典:[4][5]

  • 1984年 防衛庁入庁(中級) 防衛施設庁総務部補償課
  • 1985年 (上級に転向)防衛庁防衛局計画官付
  • 1999年 防衛局防衛政策課研究室長
  • 2000年 長官官房企画官
  • 2002年 防衛施設庁業務部提供施設課長
  • 2004年 長官官房文書課法令審査官
  • 2005年 防衛施設庁建設部建設企画課長
  • 2007年 経理装備局艦船武器課長
  • 2008年 防衛大学校総務部長
  • 2009年 大臣官房広報課長
  • 2010年 地方協力局地方協力企画課長
  • 2011年 沖縄防衛局
  • 2012年 技術研究本部技術企画部長
  • 2013年 大臣官房参事官
  • 2014年 装備施設本部副本部長(総務担当)
  • 2015年 防衛装備庁プロジェクト管理部長
  • 2017年 地方協力局次長
  • 2020年 防衛研究所
  • 2021年 退職

脚注・出典[編集]

  1. ^ 朝日新聞2011年11月29日夕刊1面。
  2. ^ 朝日新聞2011年11月30日朝刊1面。
  3. ^ 朝日新聞2011年12月10日朝刊1面。
  4. ^ 防衛省・自衛隊:人事発令” (日本語). www.mod.go.jp. 2020年8月21日閲覧。
  5. ^ 政官要覧. 政官要覧社. (1999~2020年) 
先代
真部朗
防衛省沖縄防衛局長
2011年
次代
真部朗
先代
廣瀨行成
防衛省防衛研究所長
2020年 - 2021年
次代
齋藤雅一