田中聖二

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
田中 聖二
基本情報
本名 田中 聖二
階級 スーパーフライ級
国籍 日本の旗 日本
誕生日 (1977-01-01) 1977年1月1日
出身地 鳥取県鳥取市
死没日 (2005-04-15) 2005年4月15日(28歳没)
死没地 大阪府大阪市
スタイル サウスポー
プロボクシング戦績
総試合数 26
勝ち 16
KO勝ち 4
敗け 7
引き分け 3
テンプレートを表示

田中 聖二(たなか せいじ、1977年1月1日 - 2005年4月15日)は日本プロボクサー鳥取県鳥取市出身。第29代日本スーパーフライ級王者。金沢ボクシングジム所属。鳥取城北高等学校卒業。

来歴[編集]

デビューから王座獲得まで[編集]

高校時代は、野球部に所属。高校卒業後、プロボクサーを目指し単身大阪に渡り、金沢ジムに入門。

1997年7月31日、プロデビュー(4回判定勝ち)。

その後、7戦目まで6勝(1KO)1分という順調な成績を残すが、1998年11月9日に、後の日本ライトフライ級王者興梠貴之に6回判定負けで初黒星を喫したのを皮切りに3連敗。

2001年には元世界ランカーの藤原康二、元日本ランカーの福山登との引き分けを2つ挟んで5連勝するが、同年11月2日に後のOPBF東洋太平洋フライ級王者で世界挑戦も経験する小松則幸に7回負傷判定負け。さらに、2002年8月20日には元WBC世界スーパーフライ級王者でもあるWBCインターナショナル同級王者ジェリー・ペニャロサに挑み、8回TKO負け。

2004年11月27日、25戦目にして日本王座初挑戦。横浜文化体育館で日本スーパーフライ級王者有永政幸に挑み、10回判定勝ち。王座獲得に成功した。

ラストファイト[編集]

2005年4月3日、日本王座初防衛戦。IMPホールで6戦目の新鋭名城信男と対戦した。田中と名城はともに大阪市内のジムに所属していることもあり、お互い出稽古をするなど頻繁に合同練習を行っていた。

挑戦者・名城は前年8月、2度の世界挑戦経験を持つ本田秀伸とのノンタイトル戦に10回判定勝ちし、世界ランク入りを果たしていた。

王者・田中は試合当日、同年1月に結婚したばかりの妻に「今から試合に行きます。必ずベルトを持って帰ります。勝つ、勝つ、必ず勝って帰ってくる」とメモを残して自宅を出た。

試合は最終・10回TKOで敗れ、王座陥落。試合終了と同時にリングに崩れ落ちたが、すぐ意識を取り戻す。新王者・名城に「やっぱり強かったよ」と言い、お互いに握手し健闘を称えあった。田中はそのまま自分の足で歩き、控え室まで戻ったが、控え室でスタッフに頭痛を訴えた後、意識を失い緊急入院。搬送先の病院で急性硬膜下血腫と診断され、7日に開頭手術を受ける。

その後、一時期容態が安定したが、2005年4月15日19時頃に容態が急変。意識を取り戻すことなく、同日20時43分に死亡した。同月18日に大阪・平野区で行われた告別式には、世界王座を獲得して間もない元スパーリングパートナーの長谷川穂積、同じ金沢ジムの徳山昌守石田順裕小島英次ら約200人が参列した[1]

2005年12月、第1回関西MIB賞・特別賞を授与され、2005年度プロ・アマチュア年間表彰選手選考会でも特別賞に選出された。

田中を破った名城はその後、WBA世界スーパーフライ級王座を2度獲得。たびたびWBAのチャンピオンベルトを携えながら田中の墓前に赴き、勝利を報告している。

戦績[編集]

プロボクシング:26戦16勝(4KO)7敗3分

日付 勝敗 時間 内容 対戦相手 国籍 備考
1 1997年7月31日 勝利 4R 判定 安達弘智 (大阪帝拳) 日本の旗 日本 プロデビュー戦
2 1997年10月14日 勝利 3R終了 TKO 山田誠二 (尼崎) 日本の旗 日本
3 1997年11月18日 勝利 4R 判定 乾信之介 (守口東郷) 日本の旗 日本
4 1998年2月3日 勝利 4R 判定 岡本祐樹 (グリーンツダ) 日本の旗 日本
5 1998年4月2日 勝利 4R 判定 谷直樹 (グリーンツダ) 日本の旗 日本
6 1998年5月19日 引分 6R 判定 瀬要 (大星モリガキ) 日本の旗 日本
7 1998年7月28日 勝利 6R 判定 今津竜也 (守口東郷) 日本の旗 日本
8 1998年11月9日 敗北 6R 判定 興梠貴之 (グリーンツダ) 日本の旗 日本
9 1999年5月2日 敗北 2R 0:40 TKO 島和洋 (森岡) 日本の旗 日本
10 1999年8月29日 敗北 8R 判定 吉海勝彦 (進光) 日本の旗 日本
11 1999年11月29日 勝利 8R 判定 山内淳 (江坂) 日本の旗 日本
12 2000年4月12日 勝利 7R 1:39 負傷 赤坂保 (ハラダ) 日本の旗 日本
13 2000年8月27日 引分 10R 判定 福山登 (大阪帝拳) 日本の旗 日本
14 2000年12月12日 勝利 10R 判定 リッキー・プロタシオ フィリピンの旗 フィリピン
15 2001年4月24日 引分 8R 判定 藤原康二 (グリーンツダ) 日本の旗 日本
16 2001年7月31日 勝利 8R 0:12 負傷 宮内智也 (ランド) 日本の旗 日本
17 2001年11月2日 敗北 7R 0:28 負傷 小松則幸 (エディタウンゼント) 日本の旗 日本
18 2002年3月23日 勝利 5R 2:25 KO プロプラーム・クロンパチョン タイ王国の旗 タイ
19 2002年8月20日 敗北 8R開始 TKO ジェリー・ペニャロサ フィリピンの旗 フィリピン WBCインターナショナルスーパーフライ級タイトルマッチ
20 2002年11月26日 勝利 10R 判定3-0 村井勇希 (グリーンツダ) 日本の旗 日本
21 2003年4月14日 敗北 8R 判定0-3 木嶋安雄 (角海老宝石) 日本の旗 日本
22 2003年9月28日 勝利 2R 1:32 KO カンチット・キャットゲーチャー タイ王国の旗 タイ
23 2004年5月2日 勝利 10R 判定3-0 ホベン・ホルダ フィリピンの旗 フィリピン
24 2004年9月20日 勝利 2R 2:51 TKO パノムデッド・オーユタナコーン タイ王国の旗 タイ
25 2004年11月27日 勝利 10R 判定3-0 有永政幸 (大橋) 日本の旗 日本 日本スーパーフライ級タイトルマッチ
26 2005年4月3日 敗北 10R 0:57 TKO 名城信男 (六島) 日本の旗 日本 日本王座陥落
テンプレート

獲得タイトル[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 故・田中元王者の葬儀に200人参列”. boxing.jp (2005年4月). 2012年2月17日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

前王者
有永政幸
第29代日本スーパーフライ級王者

2004年11月27日 - 2005年4月3日

次王者
名城信男