田中耕太郎 (競馬)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

田中 耕太郎(たなか こうたろう、1940年3月12日 - )は日本中央競馬会 (JRA) の元調教師。不祥事により2003年に調教師免許を取り消された。

来歴[編集]

1977年3月12日に調教師免許を取得。栗東トレーニングセンターに厩舎を開業。

ミルフォードスルーや、その仔のランフォザドリームらで重賞を勝つなど年間平均で10勝程度をコンスタントにあげる中堅調教師であった。2000年にはニホンピロスワンでひさびさの重賞勝利を挙げた。

しかし、2003年2月5日付けでJRAより調教師免許を取り消され廃業。所属馬はすべて田所秀孝厩舎に移籍した。

不祥事による調教師免許取り消し[編集]

2003年初頭、厩舎に所属している外国産馬の生産者名が調教師当人名義 (KOTARO TANAKA) となっていたことから、JRAが事実関係を調査。その結果、記載名が調教師当人であることが確認できたため、JRAはなんらかの処分を下すことを発表した。

その後、2月5日の審査会で諮ったうえで調教師免許取り消し処分を決定した。理由としては、調教師としての適格性を欠き、「日本中央競馬会競馬施行規程第41条第6号」に該当するものと判断されたため。判断にあたった事由としては以下があげられる。

  • アメリカ合衆国内で所有する繁殖牝馬の産駒を取引の当事者となって馬主に売却したこと
  • 競走馬の登録に際し、血統登録証明書への不実の記載を計画するなどの虚偽の登録申請を企てたこと
  • 自己の利益のために不正な手段を用いて善意の馬主から不当な利益を得るという行為に及んだこと

なお、不祥事による日本中央競馬会の調教師免許取り消しは1993年の野平富久、2001年の田原成貴に続く3例目である。

代表管理馬[編集]

※カッコ内は主な勝ち鞍

おもな厩舎所属者[編集]

※太字は門下生。括弧内は厩舎所属期間と所属中の職分。

  • 佐々木晶三(1985年-1986年 調教助手)
  • 岩崎祐己(2002年-2003年 騎手)

関連項目[編集]