田中精一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
たなか せいいち
田中 精一
生誕 (1911-04-26) 1911年4月26日
日本の旗 日本 佐賀県佐賀市
死没 (1998-06-24) 1998年6月24日(87歳没)
出身校 慶應義塾大学法学部
職業 実業家
受賞 勲一等瑞宝章

田中 精一(たなか せいいち、1911年明治44年)4月26日 - 1998年平成10年)6月24日)は、昭和から平成にかけて活動した日本実業家中部電力第4代代表取締役社長(のち会長・相談役)を務め、名古屋財界の重鎮であった。

中部電力以外では東海旅客鉄道(JR東海)代表取締役会長、中部経済連合会会長、日本電気協会会長、西ドイツ名誉領事中部新国際空港建設促進協議会代表理事、名古屋グランパスエイト会長、ナゴヤドーム会長、財団法人東海産業技術振興財団理事長などを歴任。勲等は勲一等瑞宝章。西ドイツからドイツ連邦共和国功労勲章大功労十字章フランス政府からレジオン・ド・ヌール勲章を受章。

経歴[編集]

戦前[編集]

戦後[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 電気事業起業家と九電力体制 (PDF)


先代:
加藤乙三郎
中部電力株式会社取締役社長
第4代:1977年 - 1985年
次代:
松永亀三郎