田中章 (陸上選手)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
田中章 Portal:陸上競技
選手情報
国籍 日本の旗 日本
種目 ハードル
生年月日 (1942-03-10) 1942年3月10日(76歳)
身長 183cm
体重 72kg
自己ベスト 110mH:14秒2(1964年)
編集 テンプレートのヘルプを表示する

田中 章(たなか あきら、1942年3月10日 - )は、日本の陸上選手。110mハードルで1964年東京オリンピック代表に選ばれている。

関西学院大学を卒業後、名古屋鉄道に入り1964年の東京オリンピックの110mハードル日本代表となった[1]。鉄道事業者の従業員が陸上選手と言う事例は珍しい存在であった。

その後1967年、1968年と日本陸上競技選手権大会の110mハードルで2連覇している[2][3]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Akira Tanaka Biography and Olympic Results”. sports-reference.com. 2011年5月1日閲覧。
  2. ^ 過去の優勝者・記録 第94回 日本陸上競技選手権大会 男子110mハードル”. 日本陸上競技連盟. 2011年5月1日閲覧。
  3. ^ 関西学院大学陸上競技部沿革”. 関西学院大学陸上競技部. 2011年5月1日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]