田中稔 (実業家)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

田中 稔(たなか みのる、1938年 - )は日本の実業家。元ミートホープ社長。北海道中川郡音威子府村出身。

来歴[編集]

  • 農家6人兄弟の二男として出生。
  • 中学校卒業と同時に隣町美深町の肉屋に就職、丁稚奉公から身を起こす。7年勤務する。
  • 名寄市の肉屋に移転。ここで3年働く。
  • 苫小牧市に移り、大手精肉店「成田屋」に入社。12年働き常務取締役まで上り詰める。
  • 1976年、独立してミートホープを苫小牧で創業。代表取締役社長。
  • 1991年、苫小牧市に子会社「バルスミート」を設立。食肉小売業。
  • 1995年、苫小牧市でバイキングレストラン「イートアップ」を設立。
  • 2008年不正競争防止法違反と詐欺罪で懲役4年の実刑判決を受ける。

現在[編集]

  • ミートホープの牛肉ミンチ品質表示偽装事件を主導した疑いで逮捕・起訴され、2008年3月19日不正競争防止法違反(虚偽表示)と詐欺の罪で懲役4年の実刑判決を受けた。田中は「早く罪を償いたい」と控訴せず、判決は確定した。服役終了。
  • 元々バルスミートとイートアップはミートホープの連結子会社だったが、偽装事件発覚後、ミートホープから切り離された。現在、イートアップの経営は田中の長男、バルスミートの経営は田中の次男が担っている。

参考文献[編集]