田中知一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
たなか ともかず
田中 知一
生誕 1898年7月13日
大分県日田市
死没 (1983-12-19) 1983年12月19日(85歳没)
国籍 日本の旗 日本
職業 警察官
雇用者 京都府警察部
肩書き 全日本剣道連盟範士九段
受賞 勲五等双光旭日章

田中 知一(たなか ともかず、1898年明治31年)7月13日 - 1983年昭和58年)12月19日)は、日本剣道家。段位称号範士九段。

経歴[編集]

大分県日田市生まれ。15歳の頃、福岡県門司で剣道を始める。

1914年大正3年)、京都大日本武徳会青年大会で活躍。

中野宗助(後の剣道範士十段)の書生となり大日本武徳会本部講習科で学ぶ。

1919年(大正8年)、京都府警察部巡査に任官。

1930年(昭和5年)、京都府警察部武道教師に就任(後、主席師範に昇任)。

1940年(昭和20年)、紀元二千六百年奉祝天覧武道大会指定選士の部に出場。

龍谷大学京都第二中学校聖峰中学校の剣道師範を務める。

全日本剣道連盟相談役、京都府剣道連盟理事長、京都府剣道道場連盟会長等を歴任。

勲五等双光旭日章を受章。

参考文献[編集]