コンテンツにスキップ

田中直樹 (ミュージシャン)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

田中 直樹(たなか なおき、1966年3月5日 - )は、作曲家編曲家音楽プロデューサーマニピュレーターキーボーディストベーシスト埼玉県秩父市出身。

来歴

[編集]
1971年頃から、斉藤清一のもと絵画教育を受ける。
1981年頃、友人とバンドを組む。埼玉県内、東京都内で主に活動。
1983年ヤマハ作曲家契約をする。
1984年グラフィックデザイナーとしてマガジンハウス等の雑誌で誌面制作の仕事をする。
1986年長山洋子の楽曲の編曲家キーボーディストとしてライブサポートを始める。同年から郷ひろみバックバンドマニピュレーターとして参加。
1990年、郷ひろみライブの音楽プロデューサーに就任・以降もバンドマスターで参加。
1991年ワーナーミュージック・ジャパンの音楽プロデューサーの下、ギター中村修司、ボーカル今井洋一と「ハーミットクラブ」を結成。1995年解散。同時期、編曲家及び音楽プロデューサーとしても本格的に活動を開始。
1999年ダンスパフォーマンス集団「THE CONVOY」をプロデュースした縁から、橋本拓也、沼井雅之、中野周一、小南数麿とバンド「LUCKYS(ラッキーズ)」を結成。2006年〜活動休止中。
2001年郷ひろみデビュー30周年記念アルバム2作「MOST LOVED HITS OF HIROMI GO」をプロデュース。
2002年WaTのサウンド・アドバイザーを務め楽曲共作(「僕らの居場所「5センチ。」c/w曲)」を行う。
2003年、自身初のソロアルバム「Back of the conductor」を発表。華原朋美のライブにおける音楽プロデューサーに就任。ライブの他、ディナーショー2007年まで手掛ける。
2004年神波憲人、中村修司、中野周一とパンク・バンド「HR-sonic」結成。2007年解散。
2005年n/を自身の表現活動の名義とし、アルバム「co.eternal-CREATE」「co.eternal-RETURN」を発表。ライブイベントも開始。
2006年、絵画展を開催。大阪のバンドPACHANGAの音楽プロデューサーとなる。
2007年、絵画と執筆した文章で短編絵本「イルカとクジラ」発表。
2008年WaTツアーにバンドマスターとして参加。全曲編曲を手がける。郷ひろみのライブツアーにバンドマスター、編曲、演奏で2021年まで連続参加。「週刊女性」7/1号(主婦と生活社刊)「いまがわかるNEWSガブ飲み!」内『なんで働かなくちゃいけないの?』第85回に寄稿。ゲラン主催パーティーのステージ演出を担当。
2009年堀ちえみのライブにバンドマスター、編曲で参加。小池徹平のライブツアーの音楽プロデューサーを担う。郷ひろみのライブツアーにバンドマスター、編曲、演奏で参加。GACKTツアーグッズ絵本「プロトとゼロ」にライターとして参加。ファッションイベント・Japan Fashion Week in Tokyo 2009(第9回JFW)キービジュアルの音楽をn/名義で担当。Fashion TVVOGUE NIPPON特集ページメイキング映像(モデル・土屋アンナ)のBGMに「GATE」(co.eternal-CREATE収録曲)が使用される。
2010年WaTライブにバンドマスター・音楽プロデューサーで参加。
2012年、堀ちえみのライブにバンドマスター・編曲で参加。今村ねずみ初のソロ公演「Nez Channel vol.1」にn/として音楽制作、出演。DANCE SPACE WING20周年記念公演「After Dark」(新国立劇場・中劇場)にて音源制作。同公演に演奏で出演。
2014年、自身の出身地、埼玉県秩父ミューズパーク音楽堂で行われたチャリティーライブ「第11回子どもの放課後を豊かにする会チャリティコンサート」(主催:子どもの放課後を豊かにする会(社会福祉法人くわの実会、障害者活動センター・キックオフ))にn/として参加。
THE CONVOYのディナーショー、「The Convoy Night&The Convoy Party」(グランドプリンスホテル新高輪飛天)音源制作。
2015年、ミュージカル舞台「劇的歌謡祭19☆80s」の舞台音源を制作。HIROMI GO BANDとして、SOUND MARINA ’15(広島グリーンアリーナ)、SUMMER SONIC2015(千葉マリンスタジアム & 幕張メッセ)、音楽と髭達2015 -MUSIC STADIUM-新潟県立野球場)参加。THE CONVOY「The Convoy show vol.30 1960」音楽、歌唱指導。
2016年、THE CONVOY「The Convoy show vol.31 1960」音楽、歌唱指導。
2017年、THE CONVOY「The Convoy show vol.32 asiapan」「The Convoy show vol.33 星屑バンプ」「The Convoy show vol.34 asiapan」音楽、歌唱指導。堀ちえみのライブにバンドマスター・編曲・演奏で参加。郷ひろみ『HIROMI GO Concert Tour 2017"My Dear...』DVD副音声を務める。小南数麿4thオリジナル・アルバム「Voyage」プロデュース。
2018年、THE CONVOY「The Convoy show vol.35星屑バンプ」「The Convoy show vol.36 ONE!」に音楽・歌唱指導で参加。
2021年、郷ひろみ「HIROMI GO CONCERT TOUR 2021」でグッズ販売促進部長を務める。8月の名古屋でアキレス腱を断裂、ギプスが取れるまで6週間、全治半年の重傷を負いながらもバックバンドリーダーとしてツアーに帯同、郷から「アキレス腱直樹」の芸名を提示された[1][2]

おもな音楽活動

[編集]

レコーディング参加

[編集]

コンサートステージ

[編集]

TVアレンジ

[編集]

ミュージカル・ダンス・リミックス

[編集]
  • THE CONVOY SHOW 
  • BroadwayDanceCenter
  • GoGoRABBITS
  • Wing
  • NSD

ディスコグラフィ

[編集]

LUCKYS

[編集]
  • 「創意工夫」
  • 「言語道断」
  • 「拍手喝采」
  • 「I」
  • 「君と僕」(シングル)
  • 「I」(VHS)
  • 「LUCKYS」(DVD)
  • Single Collection2004~チイサナ火を消さないで~
  • highlights x photo mix(DVD)
  • 「AVG.41≒ROCK'N'ROLL」

Naoki Tanaka名義

[編集]
  • Back of the conductor (2005.12/BBA)

n/名義

[編集]
  • co.eternal-CREATE (2006.9/BBA/BBAR-0101)
  • co.eternal-RETURN (2006.9/BBA/BBAR-0102)
  • philosophy (2007.5/BBA、iTunes配信)※短編絵本「イルカとクジラ」サウンドトラック。アーティスト名義は「n/ masayuki numai」
  • 月のうた(2008.4/iTunes配信、マキシシングル)
  • Brand New-Single(2008.7/iTunes配信)
  • Sleeping Sheep(2010.4/通販限定ミニアルバム)
  • Garden(2012.2.25/ミニアルバム)
  • moshimo/君に会えたらいいな(2013/3/2)
  • ツナガルミライ(2014/2/22)
  • I Like(2015)
  • colors(2016)
  • HAPPINESS2(2017)

メディア出演

[編集]

ラジオ

[編集]

その他

[編集]
  • Naoki Tanaka名義のアルバム「Back of the conductor」楽曲はバリライト新作発表会でBGMに使用された。
  • n/のアルバム「philosophy」は、2007年の郷ひろみツアー「HIROMI GO CONCERT TOUR 2007♪Boom!Boom!Boom!」の開演前BGMとなっている。

脚注

[編集]

出典

[編集]
  1. ^ 【Go-Channel】グッズ販売促進部長・タナカナオキ〜ひろ味噌汁編”. n/ channel (2021年6月18日). 2021年9月5日閲覧。
  2. ^ 【Go-Channel】アキレス腱直樹!不自由ですが、元気です!”. n/ channel (2021年8月9日). 2021年9月5日閲覧。

外部リンク

[編集]