田中生夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

田中 生夫(たなか いくお、1917年6月19日 - 1996年2月)は、日本経済学者岡山大学名誉教授。 京都府生まれ。第三高等学校卒。1941年京都帝国大学経済学部卒、台湾銀行大阪支店に入行。1942年から1945年まで陸軍へ応召。1946年岡山農業専門学校講師。1948年、教授。1950年、岡山大学法文学部講師、1951年に助教授、1961年に教授。1968年イギリス初期銀行史研究」で、九州大学経済学博士[1]1980年から1982年、岡山大経済学部長、評議員。1981年から1982年、法文学部長。1983年、定年退官、名誉教授、金沢大学教授、のち福山大学教授、中京大学教授。

著書[編集]

翻訳[編集]

記念論集[編集]

出典・脚注[編集]

  1. ^ イギリス初期銀行史研究 田中生夫”. 国立国会図書館. 2012年9月8日閲覧。

参考文献[編集]

  • 田中生夫教授略歴,著作目録 (田中生夫教授退官記念号) 岡山大学経済学会雑誌 1983-02