田中清剛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

田中 清剛(たなか せいごう、1950年8月6日[1] - )は、日本地方公務員土木技術系公務員大阪市建設局長、大阪市副市長大阪府副知事を歴任。

経歴[編集]

1975年 (昭和50年) 3月、京都大学大学院工学研究科土木工学専攻修了。

同年4月、大阪市役所に入庁し、土木局配属。1985年4月、同街路部計画課調査係長。1993年 (平成5年) 4月、建設局土木部工務課長代理。1995年4月、同北工営所長。1997年4月、同土木部企画主幹。1998年、同管理部参事 (大阪市道路公社出向)。2000年4月、同街路部計画課長。2001年4月、同河川防災担当部長兼土木部河川課長。2005年4月、同土木部長。2007年4月、理事(大阪市道路公社派遣)。2008年4月、建設局長。2011年3月、退職。

同年6月、財団法人都市技術センター理事長。

2012年2月、大阪市副市長。市長の橋下徹吉村洋文を支えた。

2019年4月に行われた大阪府知事選挙大阪市長選挙において吉村と松井一郎大阪市長大阪府知事を交代。それに伴って田中も大阪府副知事となった[2]2025年に予定される大阪・関西万博統合型リゾート建設の調整を担当[3]

その他役職[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 履歴書”. 大阪市. 2022年1月10日閲覧。
  2. ^ 大阪府副知事に大阪副市長起用へ 吉村知事”. 毎日新聞 (2019年4月16日). 2022年1月10日閲覧。
  3. ^ 意気込み語る 副知事と大阪副市長が就任 /大阪”. 毎日新聞 (2019年6月4日). 2022年1月10日閲覧。
  4. ^ 会長連続座談会”. 土木学会. 2022年1月10日閲覧。