田中浩二 (バレーボール)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

田中 浩二(たなか こうじ、1967年8月 - )は、3大会パラリンピックシッティングバレー日本代表として出場、『シッティングバレーボールクラブ 滋賀サーカス』を結成し、シッティングバレーの普及に務めている。

略歴[編集]

田中浩二は1967年8月滋賀県伊香郡余呉町(現滋賀県長浜市余呉町)に生まれた[1]。中学時代に日本台湾親善試合の滋賀選抜として国際大会に出、私立近江高等学校に進学し、全国高等学校バレーボール選抜優勝大会に出場した[1][2]。高校卒業後は9人制実業団チームに所属していたが、1998年交通事故で左足膝下切断[3]し1999年シッティングバレーボールと出会い翌年4月には『シッティングバレーボールクラブ 滋賀サーカス』を結成した[1][2]。同年10月シドニーパラリンピックに日本代表として選出され、以降アテネ北京パラリンピックに連続出場し、アテネ[1][2][3]・北京では主将としてチームを牽引した。『シッティングバレーボールクラブ 滋賀サーカス』に所属すると共に、『日本シッティングバレーボール協会』選手会長として、協会の充実と後進の育成に努めている。

関連事項[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d バレーボーラーへの100の質問. “田中浩二”. 2013年7月20日閲覧。
  2. ^ a b c 近江毎夕新聞. “2010年12月2日 田中さんアジパラ出場 シッティングバレーボールで”. 2013年7月20日閲覧。
  3. ^ a b 京都新聞. “京都スポーツあらかると - 2008年の北京パラリンピックに出場する京都、滋賀選手「田中浩二」”. 2013年7月20日閲覧。

外部リンク[編集]