田中明 (韓国・朝鮮研究者)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

田中 明(たなか あきら、1926年7月3日 - 2010年12月8日[1])は、日本の韓国朝鮮研究学者

略歴[編集]

愛知県名古屋市生まれ。叔父の養子となり、小学校からソウルで暮らす。龍山中学校卒業後、海軍経理学校へ入学。第二次世界大戦の終戦後は名古屋の旧制第八高等学校に編入学し、さらに東京大学文学部の新制一期生となり、1952年に卒業。中日新聞を経て、朝日新聞に入社[2]

朝日新聞社時代には、『朝日ジャーナル』記者として韓国を取材。1972年に朝日新聞を休職して、韓国の延世大学校 韓国語学堂高麗大学留学。1979年に朝日新聞社を退社。1981年から拓殖大学海外事情研究所教授を務めた[2]

2010年12月8日、心筋梗塞で死去。84歳没[1]。2011年に田中の誕生日である7月3日に教え子たち100名弱が集まって、「お別れの会」が催された[2]

著書[編集]

単著[編集]

  • 『ソウル実感録』北洋社、1975年 三修社、1985
  • 『常識的朝鮮論のすすめ』朝日新聞社、1981年
  • 『朝鮮断想』草風館、1984年  『韓国の「民族」と「反日」』朝日文庫、1988年 『韓国の民族意識と伝統』岩波現代文庫、2003年
  • 『韓国政治を透視する』亜紀書房、1992年
  • 『物語 韓国人』文春新書、2001年
  • 『韓国はなぜ北朝鮮に弱いのか』晩聲社 2004
  • 『遠ざかる韓国 冬扇房独語』晩聲社、2010年

訳書[編集]

論文[編集]

  • 「韓国の〈里〉と〈農〉」『韓国読本』日本ペンクラブ編、福武文庫、1988年
  • 「朝鮮のエトスと金正日」『北朝鮮の延命戦争』関川夏央ほか編、ネスコ、1998年
  • 「「韓国のナショナリズムは健全だ」と言われたら」『韓国・北朝鮮の嘘を見破る』鄭大均古田博司編、文藝春秋、2006年

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 田中明氏=朝鮮半島研究者 : おくやみ : 社会 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)
  2. ^ a b c 関川夏央「やむを得ず早起き 第7回 コリアの勉強、その今昔」『週刊ポスト』2011年9月16日・23日合併号、pp.132-133