田中敏弘 (経済学者)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

田中 敏弘(たなか としひろ、1929年 - 2020年)は、日本思想史家関西学院大学名誉教授。元長崎県立大学学長。元経済学史学会代表幹事

来歴[編集]

兵庫県神戸市生まれ。1953年大阪商科大学(現大阪市立大学)卒業。同年関西学院大学助手に着任。1959年から1961年までシラキュース大学大学院コロンビア大学大学院に留学し、シラキュース大学修士MA)の学位を取得。1974年から1年間グラスゴー大学客員研究所、ケンブリッジ大学客員研究員。1988年コロンビア大学客員研究員。1990年吉林大学交換教授。1991年かから1993年まで経済学史学会代表幹事。1995年から2000年までアメリカ経済思想史研究会代表幹事。1997年から2000年まで日本学術会議第3部会員。2000年経済学史学会名誉会員[1]。大学では、関西学院大学教授、関西学院大学経済学部長、関西学院大学大学院経済学研究科委員長関西学院大学図書館長などを歴任した。1998年関西学院大学定年退職、関西学院大学名誉教授。2002年長崎県立大学学長[1]

著書[編集]

  • 『マンデヴィルの社会・経済思想 : イギリス一八世紀初期社会・経済思想』有斐閣 1966年
  • 『社会科学者としてのヒューム : その経済思想を中心として』未来社 1971年
  • 『経済学へのアプローチ』玄文社 1981年
  • 『イギリス経済思想史研究 : マンデヴィル・ヒューム・スミスとイギリス重商主義』御茶の水書房 1984年
  • 『アダム・スミスの周辺 : 経済思想史研究余滴』日本経済評論社 1985年
  • 『岩の上に : 学問・思想・信仰』玄文社 1989年
  • 『スコットランド啓蒙と経済学の形成』日本経済評論社 1989年
  • 『古典経済学の生成と展開』日本経済評論社 1990年
  • 『堀経夫博士とその経済学史研究』玄文社 1991年
  • 『ヒュームとスコットランド啓蒙 : 18世紀イギリス経済思想史研究』晃洋書房 1992年
  • 『いま経済学を学ぶ : 経済と人間』日本経済評論社 1992年
  • 『アメリカ経済学史研究 : 新古典派と制度学派を中心に』晃洋書房 1993年
  • 『テキストブック近代経済学史』(山下博と共編)有斐閣 1994年
  • 『びんびんとひびいていこう : 阪神・淡路大震災被災いちねんを覚えて 詩集』田中ゼミナール同窓会事務局 1996年
  • 『経済学史研究と私 : 学問・思想・キリスト教』関西学院大学出版会 1999年
  • 『アメリカ人の経済思想 : その歴史的展開』日本経済評論社 1999年
  • 『風に思う空の翼 : 風・光・力』関西学院大学出版会 2001年
  • 『アメリカの経済思想 : 建国期から現代まで』名古屋大学出版会 2002年
  • 『アメリカ新古典派経済学の成立 : J.B.クラーク研究』名古屋大学出版会 2006年

脚注[編集]

  1. ^ a b 経済学史研究と私紀伊國屋書店
先代:
吉澤芳樹
経済学史学会代表幹事
1991年 - 1993年
次代:
津田内匠