田中慎太朗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
田中 慎太朗
HT-Shintaro-Tanaka.jpg
2008年6月25日、阪神鳴尾浜球場にて
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 広島県広島市
生年月日 (1985-05-15) 1985年5月15日(33歳)
身長
体重
181 cm
82 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 内野手外野手
プロ入り 2007年 育成選手ドラフト1巡目
年俸 300万円(2011年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

田中 慎太朗(たなか しんたろう、1985年5月15日 - )は、広島県広島市出身の元プロ野球選手内野手)。

来歴[編集]

プロ入り前[編集]

小学3年生から広島鯉城リトルシニアで野球を始める。

崇徳高時代は、1年秋から4番・二塁手として活躍。

立正大学進学後も1年秋から不動の4番、2005年春にはリーグで指名打者のベストナインを受賞した。3季ぶりに一部復帰した2007年秋季リーグも一塁手として、力強い打撃でチームを牽引した。大学4年間の通算打率.302。2007年のドラフト会議で阪神タイガースから球団初の育成選手として指名された。

プロ入り後[編集]

2008年ウエスタン・リーグで37試合出場、打率.155・2本塁打・7打点だったが、2009年はさらに少ない12試合の出場に留まり、打率.167、0本塁打だった。2010年も出場試合数と打数が少ないながらも打率は改善した。同年をもって育成選手として3年間在籍したため、規定に基づいて10月29日に自由契約選手公示が行われたが、終盤での打撃が評価されて[2]11月12日に育成選手として再契約した。

2011年は50試合出場で、打率.356・2本塁打・16打点と打率が大幅に伸び、長打率.593を記録したが、同年10月9日に戦力外通告を受けた[3]。11月7日、自由契約公示された。その後、合同トライアウトに参加するも、獲得する球団は無く、現役を引退した。

現在は、一般企業に勤める会社員である[4]

選手としての特徴[編集]

豪快な打撃が持ち味で、打球を飛ばす力はチーム内でもトップクラス[5]。内野手登録であるが、外野の守備にも就くことがある[6]

人物[編集]

金本知憲が通うトレーニングジム「アスリート」には高校時代から通い、プロ入団時の新人体力測定では新人選手トップの背筋力(242kg)を記録した[要出典]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

  • 一軍公式戦出場なし

背番号[編集]

  • 120 (2008年 - 2011年)

登場曲[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]