田中徳定

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

田中 徳定(たなか のりさだ、1957年 - )は、国文学者博士国文学)。駒澤大学教授。専門は説話文学仏教文学。

来歴[編集]

1982年駒澤大学大学院修士課程修了[1]駒澤大学文学部国文学科助教授を経て、教授に就任[2][3]

2007年12月『孝思想の受容と古代中世文学』で博士号(国文学、駒澤大学)取得[4]

著書[編集]

論文[編集]

  • 田中徳定、「北野天神縁起における尊意の説話について」『駒澤国文』 1990年 27巻 p.35-50, ISSN 0452-3652, 駒沢大学文学部国文学研究室

国立国会図書館サーチ」を参照

出典[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ hmv. “プロフィール”. 2019年12月19日閲覧。
  2. ^ 駒澤大学. “研究者情報”. 2019年12月19日閲覧。
  3. ^ 大学プレスセンター. “駒澤大学が11月16日・17日に禅ブランディング事業「『禅と心』シンポジウム」を開催 2018.11.”. 2019年12月19日閲覧。
  4. ^ 田中徳定「孝思想の受容と古代中世文学 (博士論文)」乙第89号、駒澤大学、2007年、2019年12月19日閲覧。

外部リンク[編集]