田中彩子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
田中 彩子
生誕 (1984-02-23) 1984年2月23日(33歳)
出身地 日本の旗 日本 京都府
ジャンル クラシック
職業 ソプラノ歌手
オペラ歌手
担当楽器 声楽
公式サイト www.ayakotanakasoprano.com

田中 彩子(たなか あやこ、1984年2月23日 - )は、ヨーロッパを中心に活動するウィーン在住のソプラノ歌手オペラ歌手

人物[編集]

京都府出身[1]。10代から単身ウィーンにて声楽を学ぶ[1]

22歳で日本史上最年少でスイスの首都ベルン市立劇場にて、ダニエル・インバル指揮のフィガロの結婚で代役なしでのソリストデビューを飾る[1]。 (ソリストとしては日本人初、且つ同劇場史上最年少での歌劇場デビュー)

国際ベルベデーレオペラ・オペレッタコンクールにオーストリア代表として本選出場を果たし、ウィーン・フォルクスオーパーオペラホフマン物語」のオランピア役で契約する[1]。 その後、コンサート・ソリストとしてヨーロッパ、南米各地のオーケストラ定期公演に出演している。

経歴[編集]

  • 2011年 - マーラー没後100周年、ドイツ・ルーマニア合同音楽フェスティバル"Musica Coronensis"にて、マーラーの交響曲第4番第4楽章『天上の生活』のソプラノ・ソリストで出演。
  • 2012年 - 2014年 オーストリア政府公認スポンサーの下行われたオペラ魔笛オーストリアツアーにて、同オペラの夜の女王役で全公演出演。
  • 2012-2013年 - ソフィア・フィルハーモニー管弦楽団の定期公演にてリサイタル公演
  • 2013年 - ロンドンカドガンホールにてロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団の定期公演でロンドンデビュー。
  • 2014年 - オルフの世俗カンタータ『カルミナ・ブラーナ』のソプラノソリストで、ウィーン・コンツェルトハウス大ホールデビュー。
  • 2017年 - ブエノス・アイレスにある南米最高峰コンサートホールCKKにて、作曲家エステバン・ベンセクリ氏が彼女の声のために作曲した「コロラトゥーラ・ソプラノとオーケストラのための5曲」を、アルゼンチン・ナショナルシンフォニー交響楽団とのシーズン開幕コンサートにて世界初演を行う。

メディア出演[編集]

ディスコグラフィ[編集]

アルバム[編集]

  発売日 タイトル 収録曲
1st 2012年 Virtuosa Coloratura -華麗なるコロラトゥーラの芸術-

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d Profile”. 田中彩子公式サイト. 2014年6月4日閲覧。

外部リンク[編集]