田中彩子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
田中 彩子
基本情報
生誕 (1984-02-23) 1984年2月23日(36歳)
出身地 日本の旗 日本 京都府
ジャンル クラシック
職業 ソプラノ歌手
オペラ歌手
担当楽器 声楽
公式サイト www.ayakotanakaofficial.com

田中 彩子(たなか あやこ、1984年2月23日 - )は、ヨーロッパを中心に活動するウィーン在住のソプラノ歌手コロラトゥーラ)。

人物[編集]

3歳からピアノを始め、18歳で単身ウィーンに留学し声楽を学ぶ。22歳でスイスのベルン市立劇場において、モーツァルトフィガロの結婚』のソリスト・デビューを飾る。同劇場日本人初、且つ最年少での歌劇場デビューで大きな話題を集め、6ヶ月というロングラン公演を代役なしでやり遂げる。翌年、国際ベルヴェデーレオペラ・オペレッタコンクールではオーストリア代表として本選出場を果たす。ウィーン・フォルクスオーパーオッフェンバックホフマン物語』のオランピア役のカバーを務めた事を皮切りに、オーストリア政府公認スポンサーの『魔笛』公演では、夜の女王役として2012年から3年に渡って出演。その後、コンサート・ソリストとしてヨーロッパ、南米各地のオーケストラ公演に出演している。2015年からは日本国内でも全国ツアーを開催。2018年アルゼンチン最優秀初演賞受賞。2019年Newsweek日本版の『世界が尊敬する日本人100人』[1]に選出。

社会貢献活動にも積極的に携わり、音楽や芸術を通じた教育・国際交流活動を行う「Japan Association for Music Education Program[2]」を設立し代表理事を務める。

京都府出身、ウィーン在住。

経歴[編集]

  • 2002年 - ウィーンに留学し声楽を学ぶ。
  • 2006年 - スイスのベルン州立歌劇場にて『フィガロの結婚』でソリストデビュー(同劇場最年少デビュー)。
  • 2007年 - ウィーン市立歌劇場に所属。国際ベルヴェデーレ・オペラ・オペレッタ・コンクールにてオーストリア代表として本選出場。
  • 2011年 - マーラー没後100周年、ドイツ・ルーマニア合同音楽フェスティバル"Musica Coronensis"にて、マーラーの交響曲第4番第4楽章『天上の生活』のソプラノ・ソリストで出演。
  • 2012年 - デビュー・アルバム「Virtuosa Coloratura」をリリース。ソフィア・フィルハーモニー管弦楽団の定期公演にてリサイタル公演。オーストリア政府公認スポンサーの下行われたオペラ『魔笛』のオーストリアツアーにて、「夜の女王」役で3年に渡り全公演出演。
  • 2013年 - ロンドンカドガンホールにてロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団の定期公演でロンドンデビュー。プエノス・アイレスで行われたコンサート・ツアーがその年のベスト・イベントに選ばれる。
  • 2014年 - 日本でのデビュー・アルバム「華麗なるコロラトゥーラ」をリリース。 オルフの世俗カンタータ『カルミナ・ブラーナ』のソプラノソリストで、ウィーン・コンツェルトハウス大ホールデビュー。ロンドン・ロイヤルフィルハーモニー管弦楽団定期コンサートに出演。
  • 2015年 - 初の国内ツアーを全国5都市で開催。
  • 2017年 - アルバム「ウィーンの調べ ~華麗なるコロラトゥーラ2~」をリリース。ブエノス・アイレスにある南米最高峰のコンサートホール、Centro Cultural Kirchner(CCK)にて、エステバン・ベンセクリ英語版が彼女の声からインスピレーションを受け作曲した「コロラトゥーラ・ソプラノとオーケストラのための5つの連作歌曲」を、国立アルゼンチン交響楽団英語版スペイン語版とのシーズン開幕コンサートにて世界初演のソリストを務める。同公演は翌年の最優秀初演賞を受賞。
  • 2018年 - ウィーン・コンツェルトハウス大ホールにてユネスコ支援の国際青少年音楽フェスティバルでの閉会式にてリサイタル公演。ダイダン株式会社のCMに起用。「ジャポニスム2018」のプログラムとして、パリルーブル美術館にて日仏友好160周年・京都・パリ友情盟約終結60周年を記念したリサイタルコンサート。世界バレー女子大会開幕戦て日本アルゼンチン国歌独唱。
  • 2019年 - Newsweek日本版の『世界が尊敬する日本人100人』に選出。WBA世界ミドル級タイトルマッチにおいて、王者ロブ・ブラント(アメリカ)、挑戦者村田諒太(日本)それぞれの国歌を独唱。アルバム「Vocalise」をリリース。東京ドームで開催された、プロ野球セントラル・リーグのクライマックスシリーズ・ファイナルステージ(巨人対阪神)第1戦のセレモニーで国家独唱。アルゼンチン青少年オーケストラ日本招聘プロジェクト[3]のクラウド・ファンディングを実施。Japan Association for Music Education Program設立。初のプロデュース公演「コロラトゥーラ 田中彩子 × カウンターテナー藤木大地」を開催。
  • 2020年 - 田中彩子のためにエステバン・ベンセクリが作曲した『連作歌曲』を含む3作品を収録したアルバム「Esteban BENZECRY」がリリース。初となるオンライン・コンサートを開催。GOOD NATURE STATIONのアンバサダーに就任。総合プロデュース・主演を務めたモノオペラ「ガラシャ」が上賀茂神社と京都府丹後文化会館にて世界初演。「京都府あけぼの賞」受賞。

公演記録[編集]

月日 タイトル 会場
2012年 7月7日 田中彩子ソプラノリサイタルコンサート サントリーホールブルーローズ
2015年 3・5月 田中彩子 ソプラノ・リサイタル~華麗なるコロラトゥーラ~(5公演) 紀尾井ホール 他
2016年 1月3日 NHKナゴヤニューイヤーコンサート2016 愛知県芸術劇場コンサートホール
8・9月 田中彩子 ソプラノ・リサイタル~華麗なるコロラトゥーラとウィーンの調べ〜(7公演) 紀尾井ホール 他
2017年 9・10月 田中彩子 ソプラノ・リサイタル 2017〜美しきウィーンとコロラトゥーラ〜(7公演) 紀尾井ホール 他
2018年 6月17日 モーツァルト・マチネ 第34回 ミューザ川崎シンフォニーホール
6月21日 〜華麗なるコロラトゥーラ〜 田中彩子 ソプラノ ランチコンサート 網町三井倶楽部
10月 田中彩子 ソプラノ・リサイタル 2018 〜愛しのコロラトゥーラ〜(6公演) 紀尾井ホール 他
10月30日 松本零士 生誕80周年/『銀河鉄道 999』40周年 『銀河鉄道 999』シンフォニック・コンサート サントリーホール
2019年 3月18日 第33回倉敷音楽祭「田中彩子 ソプラノ・リサイタル」 倉敷市芸文館ホール
10月 田中彩子ソプラノ・リサイタル 2019 〜Vocalise〜(5公演) 紀尾井ホール 他
11月17日 後楽園華舞台〜日本の美 Live Japan Beauty 岡山後楽園
12月17日 ジョン・健・ヌッツォ クリスマス in 銀座 王子ホール
12月23日 「コロラトゥーラ 田中彩子 × カウンターテナー藤木大地 」クリスマス・スペシャル・コンサート 京都コンサートホール
2020年 7月24日 天使の糧 〜田中彩子 オンライン・チャペルコンサート 第1夜 京都セントアンドリュース教会
7月31日 涙の流れるままに 〜田中彩子 オンライン・チャペルコンサート 第2夜 京都セントアンドリュース教会
8月8日 信州リゾート音楽祭 八ヶ岳高原音楽堂
11月20・22日 モノオペラ「ガラシャ」(2公演/世界初演) 世界文化遺産・上賀茂神社、京都府丹後文化会館

メディア出演[編集]

テレビ[編集]

ラジオ[編集]

  • 2016年1月10日 - FMヨコハマ「EVENING BUZZ」
  • 2016年1月20日 - J-WAVE「TOKYO MORNING RADIO」
  • 2017年3月18日 - J-WAVE「ANA WORLD AIR CURRENT」
  • 2017年8月6日 - TFM平原綾香のヒーリングヴィーナス」
  • 2017年10月29日・11月5・12日 - TBSラジオ「のどの窓」
  • 2018年8月5・12日 - TBSラジオ嶌信彦 人生百景『志の人たち』」
  • 2019年1月26日 - J-WAVE「ANA WORLD AIR CURRENT」
  • 2019年8月19日 - α-STATION「KYOTO AIR LOUNGE」
  • 2019年8月19日 - MBSラジオ「こんちわコンちゃんお昼ですょ!」
  • 2019年9月20日 - Nack5「One More Pint!」
  • 2019年9月21・28日 - TFM 「Dream HEART」
  • 2019年10月15日 - 文化放送「大竹まことゴールデンラジオ!」
  • 2019年11月5日 - FMやまと「スマイル♪」
  • 2019年11月10日 - TBSラジオ「安住紳一郎の日曜天国」

新聞[編集]

雑誌・書籍[編集]

  • 2015年2月 - 「ぶらあぼ」(10月号)
  • 2016年6月 - 「女性セブン」(6月9日号)
  • 2016年7月 - 「週刊文春」(7月7日号)
  • 2016年7月 - 「京都:コロン」(8・9月号)
  • 2017年8月 - 「婦人画報」(9月号)
  • 2017年9月 - 「レコード芸術」(10月号)
  • 2017年9月 - 「ぶらあぼ」(10月号)
  • 2017年9月 - 「音楽の友」(10月号)
  • 2017年9月 - 「CDジャーナル」(10月号)
  • 2017年10月 - 「週刊新潮」(10月19日号)
  • 2018年8月 - 「音楽の友」(9月号)
  • 2019年5月 - 「ニューズウィーク日本版」世界が尊敬する日本人100
  • 2019年6月 - 「STORY」(7月号)
  • 2019年9月 - 「ぶらあぼ」(10月号)
  • 2020年3月 - 「趣味と芸術」(杉本博司
  • 2020年4月 - 「婦人画報」(5月号)杉本博司の“謎の割烹”味占郷
  • 2020年9月 - 「NIKKEI MAGAZINE STYLE Ai」(9月号)
  • 2020年10月 - 「婦人画報」(11月号)

CM[編集]

  • 2018年3月 - ダイダン株式会社[4]

オンライン[編集]

  • 2020年11月15日 - 「HAPPY WOMAN BUNKASAI 2020」子どもたちとつくるサスティナブルでより良い未来 〜絵本「わたしがかわる みらいもかわる SDGsはじめのいっぽ」を題材に〜

ディスコグラフィ[編集]

アルバム[編集]

No. 発売日 タイトル 収録曲
1 2012年

7月7日

Virtuosa COLORATURA

-コロラトゥーラの芸術-

01. Le Rossignol et la Rose

02. Salaviei (Le Rossignol)

03. Popoli de Tessaglia, K316

04. Mia speranze adorata, K416

05. Tornami a vagheggiar

06. Les Oiseaux la Charmille

07. Caro nome

08. Ou ca la Jeune Indoue?

2 2014年

11月26日

Virtuosa Coloratura

-華麗なるコロラトゥーラ-

01. 天秤棒に心をかけて~《カルミナ・ブラーナ》より

02. 夜の女王のアリア~歌劇《魔笛》より(モーツァル)

03. ナイチンゲールと薔薇~付随音楽《パリュサティス》より(サン=サーンス)

04. 鐘の歌「若いインド娘はどこへ」~歌劇「ラクメ」より(ドリーブ)

05. 影の歌~歌劇「ディノーラ」より(マイアベーア)

06. さようなら~歌劇「連隊の娘」(ドニゼッティ)

07. ああ、信じられない~歌劇「夢遊病の女」より(ベッリーニ)

08. 生垣に小鳥たちが~歌劇「ホフマン物語」(オッフェンバック)

09. さようなら、過ぎ去った日々よ~歌劇「椿姫」より(ヴェルディ)

10. お聴きなさい、蝉たちの声を~歌劇「お菊夫人」より(メサジェ)

11. 夏の名残の薔薇~歌劇「マルタ」より(フロトー)

12. 春の声(ヨハン・シュトラウス二世)

3 2017年

9月20日

Colooratura ll ~Wiener Coloratura~

ウィーンの調べ~華麗なるコロラトゥーラ2~

01. ヨハン・シュトラウス2世:美しく青きドナウ

02. ヨハン・シュトラウス2世:皇帝円舞曲

03. ヨハン・シュトラウス2世:ウィーンの森の物語

04. モーツァルト:聖母マリアより御体を受け(ハ短調ミサ曲 K.427より)

05. モーツァルト:アレルヤ(モテット《エクスルターテ・ユビラーテ》より)

06. モーツァルト:アヴェ・ヴェルム・コルプス K.618(ピアノ伴奏版)

07. フリース(伝モーツァルト):子守歌

08. シューベルト:子守歌 D.498

09. ブラームス:子守歌 作品49の4

10. シューベルト:アヴェ・マリア D.839

11. モーツァルト:アヴェ・ヴェルム・コルプス K.618(弦楽伴奏版)

12. ロジャース:サウンド・オブ・ミュージック

13. ロジャース:エーデルワイス(日本語詞)

4 2019年

9月25日

Vocalise 01. バッハ:ゴルトベルク変奏曲より アリア

02. バッハ:アリア「全地よ、神に向かいて歓呼せよ」

03. パガニーニ:カプリース第24番

04. パガニーニ/クライスラー:ラ・カンパネラ

05. モーツァルト:コンサート・アリア「やさしい春がもうほほ笑んで」

06. モーツァルト:「ああ、お母さん聞いて」による変奏曲(キラキラ星変奏曲)

07. R.シュトラウス:アモール

08. R.シュトラウス:私は花束を編みたかった

09. デラックァ:ヴィラネル(田園詩)

10. フォーレ:ヴォカリーズ・エチュード

11. ドビュッシー:月の光

12. ドビュッシー:星の夜

13. ラフマニノフ:ヴォカリーズ

14. L.ゴーティエ:秘密

15. ヴィラ=ロボス:ブラジル風バッハ第5番より アリア

16. バッハ:ゴルトベルク変奏曲より アリア・ダ・カーポ

5 2020年

7月10日

Esteban Benzecry 1. ヴァイオリン協奏曲 (2006-2008)

 I. 夢への喚起

 II. タンゴへの喚起

 III. 失われた世界への喚起

2. コロラトゥーラ・ソプラノとオーケストラのための連作歌曲 (2014)

 I. 出逢いの道

 II. 平和

 III. 私はなりたい

 IV. 夜

 V. 生命の起源

3. クラリネット協奏曲 (2010)

 I. 地平線のこだま

 II. 火山のダンス

 III. 謎めいたバグアラ

 IV. カリブ風トッカータ

書籍[編集]

カテゴリー 発売日 タイトル 内容
フォトエッセイ 2016年

8月26日

Coloratura 著者:田中彩子 撮影:橋本雅史(HAVEROCK) 出版社:小学館

Chapter 1. “歌”との出会い

Chapter 2. 音楽の都、ウィーンへ

Chapter 3. 4年目の苦悩、新たな転機

Chapter 4. ソリストデビューへの道

Chapter 5. 出会いと別れ、そして恋

Chapter 6. 夢を叶える力

Chapter 7. 歌を歌うということ                 

脚注[編集]

[脚注の使い方]

外部リンク[編集]