田中弘太郎 (陸軍軍人)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
田中弘太郎

田中 弘太郎(たなか こうたろう、1864年10月29日元治元年9月29日) - 1938年6月5日)は、日本陸軍軍人。最終階級は陸軍大将。族籍は京都府士族[1]

経歴[編集]

園部藩士、田中弘作の長男として生れる。7歳の時浄教寺の寺子屋に学んだ[2]。後上野盤山という学者の塾に学び更に1872年に至り園部町に新設された明親校に入って学を修めた[2]

1883年家督を相続する[1]1887年7月陸軍士官学校(旧9期)を卒業し、砲兵少尉任官。1888年7月、陸士砲兵科を終えて野砲兵第4連隊小隊長、陸軍砲兵射的学校教官を歴任。日清戦争では第5師団司令部付として出征した。その後、陸軍砲工学校教官、東京砲兵工廠製造所長、欧州差遣(駐独審査官)、大阪砲兵工廠技術課長などを歴任し、1913年8月、陸軍少将に進級した。

技術審査部審査官を経て、1918年7月、陸軍中将となり、陸軍科学研究所長、技術本部長、軍事参議官を勤める。1924年8月、陸軍大将となり、翌月予備役に編入され、1934年4月に退役した。

栄典[編集]

人物[編集]

  • 非常に口数が少なく余暇あれば和漢の書を読み、厭きなかった[5]武士堅気で無妻主義だった[5]
  • 工学博士に推挙されたが、軍に一生を捧げるとして辞退した。

家族・親族[編集]

田中家

京都府船井郡園部町(現南丹市

田中家は丹波園部藩主小出家の藩士であり、元和以来園部藩にて代々山方目付役を勤めた[2]
  • 祖父・彌平次[2]
  • 祖母(坂本家の娘)[2]
  • 父・弘作[2]
  • 母・みさ子医師、世木澤玄伯の妹)[2]
  • 弟・幾次郎繁三郎平四郎正五郎[2]

脚注[編集]

  1. ^ a b 『人事興信録 第9版』た43頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2016年2月7日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h 『陸軍大将田中弘太郎伝』3-5頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2016年2月7日閲覧。
  3. ^ 『官報』第3704号「叙任及辞令」1895年11月1日。
  4. ^ 『官報』号外「叙任及辞令」1906年12月11日。
  5. ^ a b 『現代船井郡人物史』12-13頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2016年2月7日閲覧。

参考文献[編集]

  • 『現代船井郡人物史』三丹新報社、1916年。
  • 人事興信所編『人事興信録 第9版』人事興信所、1931年。
  • 陸軍技術本部高等官集会所編『陸軍大将田中弘太郎伝』陸軍技術本部高等官集会所、1940年。
  • 秦郁彦編『日本陸海軍総合事典』第2版、東京大学出版会、2005年。
  • 福川秀樹『日本陸軍将官辞典』芙蓉書房出版、2001年。
  • 外山操編『陸海軍将官人事総覧 陸軍篇』芙蓉書房出版、1981年。