田中幹子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

田中 幹子(たなか みきこ、1971年 - )は、日本の生物学者東京工業大学教授。

来歴[編集]

宮城県出身[1]。父は物理学者[2]大阪市立大学理学部卒業[1]。1998年、東北大学大学院理学研究科生物学専攻博士課程修了[3]博士(理学)[4]。2004年、東京工業大学大学院生命理工学研究科助教授、2021年、同大学教授[3]

受賞歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 猿橋賞に東工大の田中幹子さん 脊椎動物の四肢発生の研究で成果” (日本語). Science Portal - 科学技術の最新情報サイト「サイエンスポータル」. 2021年8月31日閲覧。
  2. ^ 哺乳類の手足に水かきがない訳 「なぜ」突き詰め、解明:朝日新聞デジタル” (日本語). 朝日新聞デジタル. 2021年8月31日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g h 【研究室紹介】 田中(幹)研究室 | 生命理工学系 News | 東京工業大学 生命理工学院 生命理工学系” (日本語). educ.titech.ac.jp. 2021年8月31日閲覧。
  4. ^ 田中, 幹子『ニワトリ肢芽域の背腹境界面におけるAER形成機構の研究』博士(理学)論文、甲第6251号東北大学、1998年3月25日。doi:10.11501/3141568NAID 500000162446 hdl:10097/54556
  5. ^ ひと:田中幹子さん=女性研究者をたたえる「猿橋賞」を受賞” (日本語). 毎日新聞. 2021年8月31日閲覧。
  6. ^ 田中幹子教授が第41回猿橋賞を受賞” (日本語). 東京工業大学. 2021年8月31日閲覧。