田中尭平

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

田中 尭平(堯平、たなか ぎょうへい、1904年明治37年)12月15日[1]1963年昭和38年)11月2日[1][2])は、昭和期の弁護士政治家衆議院議員

経歴[編集]

山口県[2]豊浦郡、のちの豊田町(現下関市豊浦町)で生まれる[1]。豊浦中学校(現山口県立豊浦高等学校)、山口高等学校を卒業[1]。山高在学中から社会主義の研究を始め、東京帝国大学に進学してから実際の活動に加わった[1]。1932年(昭和7年)東京帝大法学部政治学科を卒業[1][2]山口市で弁護士を開業した[1][2]

1945年(昭和20年)日本共産党に入党し、労働組合の法律顧問を務めた[1]。1947年(昭和22年)4月、第23回衆議院議員総選挙山口県第2区から共産党公認で出馬して落選[3]。1949年(昭和24年)1月、第24回総選挙に出馬して当選し[1][4]、衆議院議員に1期在任した[2]。この間、共産党山口県委員を務め、レッドパージ反対闘争などを担当した[1]。その後、第25回第28回第29回総選挙に立候補したがいずれも落選した[5]

脚註[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j 『昭和山口県人物誌』173頁。
  2. ^ a b c d e 『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』355頁。
  3. ^ 『衆議院議員総選挙一覧 第23回』481頁。
  4. ^ 『国政選挙総覧 1947-2016』318頁。
  5. ^ 『国政選挙総覧 1947-2016』318-319頁。

参考文献[編集]

  • 衆議院事務局編『衆議院議員総選挙一覧 第23回』衆議院事務局、1948年。
  • 衆議院・参議院『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。
  • 中西輝磨『昭和山口県人物誌』マツノ書店、1990年。
  • 『国政選挙総覧 1947-2016』日外アソシエーツ、2017年。