田中宏和 (野球)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
田中 宏和
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 奈良県宇陀郡榛原町
(現・宇陀市
生年月日 (1976-07-18) 1976年7月18日(46歳)
身長
体重
181 cm
78 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1994年 ドラフト1位
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

田中 宏和(たなか ひろかず、1976年7月18日 - )は、奈良県出身の元プロ野球選手投手)。

来歴・人物[編集]

桜井商業高校(現在の奈良県立奈良情報商業高等学校)への在学中は春夏とも甲子園球場の全国大会と無縁であったが、3年時(1994年)夏の県大会では3回戦で智辯学園のエース福井敬治と投げ合うと自らの決勝打で勝利、決勝では天理高校に本塁打の1点で敗れた[1]

「140km/h台後半のストレートカーブスライダーを投げ分けられる大型投手」との評価を背景に、1994年秋のNPBドラフト会議近鉄バファローズから1位で指名。嘉㔟敏弘への独占交渉権をオリックスブルーウェーブとの指名重複による抽選で逃したことに伴う再指名(いわゆる「外れ1位」)だったが、桜井商業高校の出身者としては駒田徳広内野手(在学中は投手で1980年のNPBドラフト会議2位指名を経て読売ジャイアンツへ入団)以来3人目のプロ野球(NPB)選手として、高校卒業後の1995年から近鉄に在籍していた。在籍中は一軍公式戦への登板に至らず、1999年限りで現役を引退してからは、製造業を営む会社へ勤務している。

プロ野球の投手としては大成しなかったものの、インターネットを中心に2014年から展開されている「タナカヒロカズの会」[1]2021年までの名称は「田中宏和の会」)は、本名が「田中宏和」という別人(広告会社の社員)が田中の外れ1位指名をきっかけに1994年から始めた田中宏和運動に由来している。当記事の田中も「36番目の田中宏和」として、引退後の2011年からこの運動に参加、他の参加者からは、上記の発起人(「ほぼ幹事の田中宏和さん」)などと区別する目的で「ピッチャーの田中宏和さん」の愛称で呼ばれている[2]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]

  • 一軍公式戦出場なし

背番号[編集]

  • 30 (1995年 - 1998年)
  • 67 (1999年)

脚注[編集]

  1. ^ ベースボールマガジン1995年春季号「高校新卒ルーキーくん28人の横顔」ベースボールマガジン社
  2. ^ 67人の「田中宏和」さんが集まった世界記録の瞬間

関連項目[編集]