田中和夫 (法学者)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

田中 和夫(たなか かずお、1903年12月26日 - 1998年8月3日)は日本法学者。専門は英米法民事訴訟法一橋大学名誉教授九州大学名誉教授、獨協大学名誉教授。和歌山県伊都郡山田村(現橋本市)出身。長男は英米法学者の田中英夫

田中ゼミ出身者には池田光晴(元創価大学教授)[1]魚谷増男(元愛媛県警察本部長)[2]などがいる。

学歴[編集]

職歴[編集]

  • 1927年 東京帝国大学法学部助手
  • 1928年 6月九州帝国大学法文学部講師
  • 1929年 6月九州帝国大学法文学部助教授
  • 1940年 4月九州帝国大学法文学部教授 九州大学名誉教授
  • 1949年 6月一橋大学法学社会学部外国法講座教授、兼手続法(のち民事訴訟法)担当
  • 1953年 4月一橋大学法学部外国法講座教授
  • 1961年 4月一橋大学法学部長
  • 1967年 3月一橋大学停年退官
  • 1967年 4月、獨協大学教授・法学部長、一橋大学名誉教授
  • 1980年 自由学園理事長
  • 1984年 獨協大学退職 獨協大学名誉教授

受賞歴[編集]

  • 1943年 勲四等瑞宝章
  • 1974年 勲二等瑞宝章

脚注[編集]

[ヘルプ]