田中友理恵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
田中 友理恵
名前
カタカナ タナカ ユリエ
ラテン文字 Yurie Tanaka
基本情報
国籍 日本の旗 日本
種目 バイアスロン
所属 自衛隊体育学校
生年月日 (1989-01-06) 1989年1月6日(33歳)
生誕地 新潟県南魚沼市三郎丸
身長 159
体重 51
最高成績 2017年アジア冬季競技大会3位(男女混合リレー)
獲得メダル
日本の旗 日本
札幌/帯広2017 男女混合リレー

田中 友理恵(たなか ゆりえ、1989年(昭和64年)1月6日 - )は、新潟県南魚沼市出身の2018年平昌オリンピック及び2022年北京オリンピックバイアスロン代表選手である。射撃を得意とする。自衛隊体育学校所属。

地元三郎丸区の応援看板

経歴[編集]

新潟県南魚沼市出身。南魚沼市立第一上田小学校を卒業。南魚沼市立塩沢中学校を卒業。新潟県立小出高等学校を卒業。2010年(平成22年)、日本大学文理学部体育学科を卒業[1]2011年(平成23年)4月、陸上自衛隊冬季戦技教育隊に入隊。自衛隊体育学校に所属[2][3][4]

2017年(平成29年)2月24日冬季アジア大会バイアスロン女子10km6位[5]2月25日、男女混合リレー3位[6]

2018年(平成30年)1月19日平昌五輪代表に内定[7]。平昌五輪では女子7.5kmスプリントで68位[8]、女子15kmで80位[9]、女子24kmリレーで17位[10]だった。

2022年北京オリンピックでは女子7.5kmスプリントで74位、女子15kmで71位、女子24キロリレー(立崎芙由子/前田沙理/蜂須賀明香/田中友理恵)で17位だった[11]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 本学科の卒業生が平昌オリンピックの日本代表に選出されました!”. 日本大学. 2018年2月6日閲覧。
  2. ^ 南魚沼市出身の小野塚選手・田中選手が平昌(ピョンチャン)オリンピックの舞台へ”. 南魚沼市. 2018年2月5日閲覧。
  3. ^ 自衛隊体育学校”. 自衛隊体育学校. 2018年2月5日閲覧。
  4. ^ バイアスロン”. JOC. 2018年2月5日閲覧。
  5. ^ バイアスロン女子、田中が6位”. サンケイスポーツ. 2018年2月5日閲覧。
  6. ^ 第8回札幌冬季アジア大会7日目 バイアスロン男女混合リレーで日本Aが銅”. TK Sports Shooting. 2018年2月5日閲覧。
  7. ^ バイアスロン・スケルトン、代表7人が内定 平昌五輪”. 朝日新聞. 2018年2月5日閲覧。
  8. ^ “平昌オリンピックバイアスロン2月10日の日程・結果”. 読売新聞オンライン. https://www.yomiuri.co.jp/olympic/2018/results/BTH0210.html 2022年2月20日閲覧。 
  9. ^ “平昌オリンピックバイアスロン2月15日の日程・結果”. 読売新聞オンライン. https://www.yomiuri.co.jp/olympic/2018/results/BTH0210.html 2022年2月20日閲覧。 
  10. ^ “平昌オリンピック バイアスロン 女子24kmリレー”. 朝日新聞デジタル. https://www.asahi.com/olympics/2018/results/biathlon/bthw4x6km/ 2022年2月20日閲覧。 
  11. ^ “北京オリンピック 日本代表【全結果】冬季五輪最多18のメダル”. NHK. https://www3.nhk.or.jp/news/html/20220220/amp/k10013480161000.html 2022年2月20日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]