田中克樹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

田中 克樹(たなか よしき)は、日本漫画家

人物[編集]

東京都足立区出身。

小学生の頃から漫画家を目指し、大学卒業の頃『週刊コミックバンチ』(新潮社)を読んで持ち込み、月例賞受賞をきっかけに、原哲夫など様々な漫画家のアシスタントを経験して、『週刊少年チャンピオン』(秋田書店)でデビュー[1]。現在は、五味一男が原作の『超推脳KEI』を、『週刊少年サンデー』(小学館)で連載していた。

2016年6月から武蔵野市吉祥寺にて、イラスト×シナリオの創作スタジオ『株式会社CROSTA(クロスタ)』の代表に着任。

会社運営と執筆活動を行っている。

作品[編集]

師匠[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 【ニュース】『コミックゼノン』から新たな戦国絵巻誕生!『バリエンテス 伊達の鬼 片倉小十郎』――「“伊達者” 小十郎は今の日本に必要な存在」田中克樹先生が熱く語った!
  2. ^ ザマンガ 「マンガボックス人気作品「インゴシマ」の作者「田中克樹」先生独占インタビュー!

外部リンク[編集]