田中克己 (詩人)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
田中克己

田中 克己(たなか かつみ、1911年(明治44年)8月31日 - 1992年(平成4年)1月15日)は、日本の詩人東洋史学者

生涯と業績[編集]

大阪府出身。1934年東京帝国大学東洋史学科卒。1932年保田與重郎肥下恆夫中島栄次郎松下武雄小高根太郎杉浦正一郎服部正己大阪高等学校 (旧制)同窓生と文芸同人誌『コギト』を創刊。1936年堀辰雄の推挙により詩誌『四季』(第2次)同人となり、津村信夫神保光太郎と共に編集にも携わった。1941年詩文集『楊貴妃クレオパトラ』で第5回北村透谷記念文学賞受賞。

昭和十年代の詩壇において主に『コギト』『四季』『文藝文化』など抒情詩精神を標榜する同人誌を中心に活躍した。初期にモダニズムの影響を蒙るも、所謂『日本浪曼派』の文化圏にあって(彼自身は同人ではない)、同じく硬質の抒情を能くした伊東静雄のライバルと目された。

1942年1月文士徴用軍属の第二陣として北川冬彦中島健蔵神保光太郎らと共に南方戦線後方(シンガポール・スマトラ)へ派遣される。年末帰国。1945年3月応召入隊、二等兵として河北省にあり。敗戦とともに現地除隊。北京、天津へ逃れ1946年2月帰還。

戦後は天理図書館滋賀県立短期大学帝塚山学院短期大学(同僚に杉山平一小野十三郎あり)、東洋大学を経て、1959年より成城大学教授。この間、天野忠井上多喜三郎小高根二郎ら関西の詩人達と詩誌『コルボウ』『詩人学校』『骨』『果樹園』を創刊して交わる。敗戦により皇国史観を捨て1962年キリスト教(カトリック)に改宗。晩年、『四季』を再刊主宰した(第5次)。1982年定年退任、名誉教授。

博識な語学と癇癪が持ち前であり、詩人とは別に東洋史学者としての顔をもつ。中国漢詩に造詣が深く、李白をはじめとする多くの訳書・評伝があるほか、余技のドイツ語においてもハイネの訳詩集が版を重ねた。

著書[編集]

  • 詩集『詩集西康省』コギト発行所、1938
  • 詩集『大陸遠望』子文書房 文芸文化 叢書8、1940
  • 『楊貴妃とクレオパトラ』ぐろりあ・そさえて 新ぐろりあ叢書22、1941 のち元々社 民族教養新書28、1955
  • 詩集『神軍』天理時報社、1942
  • 従軍詩歌集『南の星』創元社、1944
  • 李太白』日本評論社 東洋思想叢書15、1944 のち元々社 民族教養新書9、1954
  • 『李白』筑摩書房 鑑賞世界名詩選、1955
  • 歌集『戦後吟』文童社、1955
  • 詩集『悲歌』果樹園発行所 果樹園叢書、1956
  • 白楽天集英社 漢詩大系 第12、1964 のちコンパクトブックス中国詩人選4、1966
  • 『中国后妃伝』筑摩書房 グリーンベルト・シリーズ50、1964
  • 杜甫伝』講談社、1976
  • 『中国の自然と民俗』研文出版、1980
  • 『田中克己詩集 1932-1934 自選自筆覆刻版』麥書房、1982
  • 『中国の名詩 4 天遊の詩人李白』平凡社、1982
  • 蘇東坡』研文出版、1983
  • 詩集『神聖な約束』麥書房、1983

共編著[編集]

翻訳[編集]

参考[編集]

  • 『日本近代文学大辞典』講談社、1984

外部リンク[編集]