田中兆子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
田中 兆子
(たなか ちょうこ)
誕生 1964年????
日本の旗 富山県
職業 小説家
言語 日本語
国籍 日本の旗 日本
活動期間 2014年 -
ジャンル 小説
主な受賞歴 女による女のためのR-18文学賞大賞(2011年)
デビュー作 『甘いお菓子は食べません』
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

田中 兆子(たなか ちょうこ、1964年[1] - )は、日本小説家

経歴・人物[編集]

富山県生まれ[2]。8年間のOL生活を経る[3]2011年、短編「べしみ」で新潮社が主催する第10回女による女のためのR-18文学賞(大賞)を受賞する(読者賞受賞は、上月文青の「偶然の息子」)[4]

30代の頃には、戯曲を書いていた[5]小説の執筆を始めたのは、40歳を過ぎてからという[6]。好きな作家として、笙野頼子古井由吉金井美恵子を挙げている[5]。何を書くか、ではなく、どう書くか、にこだわりを持っている作家が好きだと語っている[5]。影響を受けた本として、茨木のり子『詩のこころを読む』、マーガレット・アトウッドほか『描かれた女性たち 現代女性作家の短篇小説集』、古井由吉ほか『小説家の帰還 古井由吉対談集』を挙げている[5]

作品リスト[編集]

単行本
  • 徴産制(2018年3月 新潮社
  • 甘いお菓子は食べません(2014年3月 新潮社
    • 【収録作】結婚について私たちが語ること、語らないこと / 花車 / 母にならなくてもいい / 残欠 / 熊沢亜理紗、公園でへらべったくなってみました / べしみ

アンソロジー[編集]

「」内が収録されている田中兆子の作品

単行本未収録作品[編集]

  • 跡継ぎのいない理容店(『小説宝石』2018年11月号 掲載)

脚注[編集]

[ヘルプ]

出典[編集]

  1. ^ 田中兆子|女による女のためのR-18文学賞
  2. ^ 「甘いお菓子は食べません」田中兆子氏 | 日刊ゲンダイDIGITAL
  3. ^ 田中兆子『甘いお菓子は食べません』|新潮社
  4. ^ 田中兆子|実業之日本社
  5. ^ a b c d 『甘いお菓子は食べません』著者 田中兆子さん bestseller's interview | 新刊JP
  6. ^ 田中兆子 インタビュー 女による女のためのR-18文学賞