田中健 (江戸川区議会議員)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
田中 健
たなか けん
生年月日 (1966-01-06) 1966年1月6日(52歳)
出生地 東京都江戸川区
出身校 千葉大学教育学部卒業
現職 全国禁煙推進地方議員連絡会代表幹事
所属政党日本新党→)
新党さきがけ→)
民主党→)
(無所属→)
日本維新の会→)
次世代の党
公式サイト 田中けんWeb事務所

当選回数 5回
在任期間 1995年 - 2001年
在任期間 2003年 - 2015年
テンプレートを表示

田中 健(たなか けん、1966年1月6日 - )は、日本政治家。元江戸川区議会議員(5期)。東京都江戸川区出身。元フリーウェイクラブ副会長。東京都立墨田川高等学校千葉大学教育学部卒業。

なお、東京都議会同姓同名田中健(元大田区議会議員、民主党所属)がいるが、別人である。

来歴[編集]

  • 大学生時代 - 日本新党に入党。
  • 1995年4月23日 - 江戸川区議会議員選挙に新党さきがけから立候補し初当選。
  • 1999年4月25日 - 江戸川区議会議員選挙に民主党から立候補し2回目の当選。
  • 2001年6月24日 - 東京都議会議員選挙に無所属で立候補し落選。以後、無所属で政治活動。
  • 2003年4月27日 - 江戸川区議会議員に3回目の当選。
  • 2006年11月15日 - 滋賀県警察道路整備特別措置法違反容疑で逮捕勾留。「無料通行宣言書」と書いた紙を使い、高速道路の通行料金を支払わずに他人を通行させた容疑。
  • 2007年1月23日 - 彦根簡易裁判所で初公判。起訴事実を否認。
  • 2007年4月23日 - 江戸川区議会議員に4回目の当選。
  • 2007年6月7日 - 彦根簡易裁判所は、「常習的、組織的な犯行で悪質」として、求刑通りの罰金200万円の判決を言い渡した。被告・田中は即日控訴
    裁判官は説諭の中で「順法精神のない者に、議員として立法に携わる資格はない」と述べた[1]
  • 2007年6月26日 - 江戸川区議会は全会一致で辞職勧告決議[1]
  • 2008年3月25日 - 江戸川区議会は田中に猛省を求める議会声明を発表[2]。定例会の会期中に海外視察を目的とする旅行届を議長に提出したため。
  • 2008年6月10日 - 大阪高等裁判所は、1審判決を支持、被告の控訴を棄却
  • 2010年9月28日 - 最高裁判所は、1,2審判決を支持、被告の上告を棄却。罰金200万円とした判決が確定する。[3]
  • 2011年4月24日 - 江戸川区議会議員に5回目の当選。
  • 2013年4月 - 日本維新の会に入党、その後次世代の党に参加。
  • 2015年4月26日 - 江戸川区議会議員選挙で落選。

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]