田中健太 (TBSテレビ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

田中 健太(たなか けんた、1980年昭和55年)- )は、TBSテレビの社員で制作局ドラマ制作部所属のテレビドラマディレクター演出家。父は声優田中秀幸[1]

略歴・人物[編集]

明治学院東村山高等学校早稲田大学卒業後[2]2005年入社。

同期入社に、元TBSアナウンサー青木裕子岡村仁美新井麻希、ドラマ制作部の飯田和孝がいる。

2013年、『半沢直樹』第8話でディレクターデビュー。

2018年、『陸王』で第95回ザテレビジョンドラマアカデミー賞監督賞を受賞[3]

2020年、『半沢直樹』で第105回ザテレビジョン ドラマアカデミー賞 監督賞受賞(福澤克雄、松木彩と共に)[4]

テレビドラマ[編集]

演出補[編集]

演出[編集]

※太字はチーフディレクター

受賞歴[編集]

2017年

脚注[編集]

  1. ^ 淺野太郎 (2014年4月19日). “4月19日(2)”. 鬼軍曹日記. TBSテレビ. 2019年11月15日閲覧。
  2. ^ 田中健太 - Facebook
  3. ^ 「発表! 第95回ザテレビジョンドラマアカデミー賞」『ザテレビジョン』第24巻第8号、KADOKAWA、2018年2月23日、 26-30頁。
  4. ^ 作品賞は「MIU404」 “半沢”堺&香川も戴冠! 第105回ドラマアカデミー賞結果発表 ザテレビジョン
  5. ^ 田中 健太 - テレビドラマ データベース