田中俊廣

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

田中 俊廣(たなか としひろ、1949年昭和24年)9月 - )は、日本の詩人活水女子大学文学部現代日本科教授。早稲田大学教育学部卒業。長崎県長崎市在住。長崎県五島市生まれ。

長崎新聞の「新春文芸」短篇小説部門選者や五島列島小中・高校生短歌・俳句コンクールの俳句選者などを務める。 毎日新聞西部本社の文芸時評を担当。長崎原爆平和祈念「詩の夕べ」に参加。長崎県立長崎図書館「郷土文学資料収集に関する会議」の助言者でもある。詩集『時の波打際』にて2008年、第8回日本キリスト教文学会賞を受賞。

著書[編集]

  • 詩集『西行の麦笛』、七月堂、1987
  • 田中俊廣・大塚梓編著『伊東静雄青春書簡-詩人への序奏』(共著)、本多企画、1997
  • 詩集『水族として』、七月堂、2000
  • 『痛き夢の行方 伊東静雄論』、日本図書センター、2003
  • 『感性の絵巻・仲町貞子-作品とその生涯』、長崎新聞社、2004
  • 詩集『時の波打際』、思潮社、2008

外部リンク[編集]