田中亮 (動物学者)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

田中 亮(たなか りょう、1907年明治40年)8月15日[1] - 1993年平成5年)5月25日[1])は日本の哺乳類学者。ネズミの研究で広く知られる[1]

経歴・人物[編集]

長野県上田市に生まれる[1]1930年(昭和5年)上田蚕糸専門学校を経て、1934年(昭和9年)台北帝国大学理農学部卒[1][2]。同年4月から1946年(昭和21年)3月まで同大副手、助手を経て助教授となる[1]。終戦後、国立台湾大学理学院副教授を経て帰国し、1947年(昭和22年)高知県立女子専門学校講師、のち教授[1]。新制大学発足に伴い高知女子大学家政学部教授[1]1973年(昭和48年)3月定年退官を経て[1]、同年5月7日に高知女子大学名誉教授となる[3]。晩年は高知市に住んだ[1]

1943年 台北帝国大学 理学博士 論文の題は「台湾の平地に普通なる鼡類4種(Rattus,Apodemus,Mus)に関する変異統計学」[4]

著書[編集]

  • 田中, 亮『ネズミの生態』古今書院 グローバル・シリーズ、1967年。NCID BN07561023

論文[編集]

関連人物[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j 高知新聞社 1999, 467頁.
  2. ^ 朝日新聞(東京)1959年8月31日朝刊3P
  3. ^ 高知女子大学年報平成22年度
  4. ^ 博士論文書誌データベース

参考文献[編集]

  • 『高知県人名事典 新版』 高知新聞社、1999年。ISBN 4875032854