田中亮

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

田中 亮(たなか りょう、1981年11月22日 - )は、日本中央競馬会 (JRA) の栗東トレーニングセンター佐山優厩舎に所属する元騎手調教助手

福岡県大牟田市出身。身長161センチメートル、体重48キログラム、血液型O型。現役時代は障害競走の騎乗が中心だった。

来歴[編集]

2001年、第17期生として競馬学校騎手課程を卒業しJRAの騎手免許を取得する。田島良保厩舎からデビュー。同期には川島信二らがいる。JRA初騎乗は3月3日、11番人気のウィンクルスーンに騎乗し13着だった。障害レース初騎乗は4月28日、14番人気だったマチカネカクサンに騎乗し14着。4月29日、4番人気のマイヒマワリで勝利しJRA初勝利を挙げた。

2002年、第4回小倉サマージャンプにグッドパーラライスに騎乗し、障害重賞レース初騎乗を果たす。

2004年6月20日、6番人気のロングクリムゾンで勝利し、障害レース初勝利を挙げる。

2007年3月31日付けで騎手を引退し所属の佐山優厩舎で調教助手となった。最後の騎乗は3月17日の障害4歳上未勝利で11番人気だったトーワスラッガーで5着、2006年10月1日の障害3歳上未勝利で8番人気だったシロキタトウコンでの勝利が最後の勝利となった。JRA通算5勝(平地3勝、障害2勝)

おもな騎乗馬[編集]

  • ロングクリムゾン(2004年小倉サマージャンプ3着)

関連項目[編集]