田中一郎 (科学史学者)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

田中 一郎(たなか いちろう、1947年 - )は、科学史学者、金沢大学名誉教授、金沢医科大学教授。

神戸市生まれ。1969年神戸大学理学部卒業。1973年東京大学大学院理学系研究科修士課程修了。日本大学理工学部助手、1994年金沢大学理学部自然科学研究科教授[1]、2012年定年退任、名誉教授、金沢医科大学教授(嘱託)[2]。2010年「近代ヨーロッパにおける特許制度の起源と技術革新の研究 1474年のヴェネツィア特許法の成立を中心として」で学術博士(金沢大学)。専攻は科学技術史。

著書[編集]

共著

翻訳[編集]

  • アイザク ニュートン『光学』堀伸夫共訳 槙書店 1980
  • スティルマン・ドレイク『ガリレオの生涯』共立出版 1984-85
  • リチャード・S.ウェストフォール『アイザック・ニュートン』大谷隆昶共訳 平凡社 1993
  • デーヴァ・ソベル『ガリレオの娘 科学と信仰と愛についての父への手紙』監修,田中勝彦訳 DHC 2002


関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 研究者情報
  2. ^ 『ガリレオ裁判』著者紹介