田中一嘉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

田中 一嘉(たなか かずよし、1965年5月 - )は、日本ドイツ語学者教育学者である。現在群馬大学准教授。専門は言語学・外国語教育。

来歴・人物[編集]

専門分野[編集]

  • ドイツ語教育
  • 言語の壁を越えた初級外国語教育

(話法の助動詞wollenとmoechteを巡る考察)

著書・論文[編集]

著書[編集]

  • ドイツ言語学事典 (紀伊国屋書店、1994年)
  • ドイツ語を考える ことばについての小論集 (三修社、2008年)

論文[編集]

  • コミュニケーションとしての贈答行為 (シンポジオン、1990年)
  • ドイツ語の意志・願望表現について―Aufforderungにおけるwollenとmoechteを巡って― (Der Keim、1991年)
  • 「依頼」と「提供」:聞き手の意向を尋ねる場合―語法の助動詞wollenとmoechteを中心に― (シンポジオン、1992年)
  • 嫌われない文法のために―独作文による能動的文法学習の可能性 (日本独文学会ドイツ語教育部会会報、1993年)
  • Die Wuensche des Angesprochenen, die Illokutionen des Sprechers. (群馬大学教育学部紀要、1993年)
  • 不変化詞wohlの意味と機能 ―「要請」(Aufforderung)の発話行為を手がかりに― (群馬大学教育学部紀要、1999年)
  • 不変化詞wohlの意味と機能―心態詞jaとの比較から― (群馬大学教育学部紀要 2001年)
  • 日本人は外国語が苦手なのか? (群馬大学教育実践研究、2003年)
  • 知的ドイツ語学習のススメ 大学教養教育におけるドイツ語教育の現状と今後―文法学習の再構築を目指して― (群馬大学教育学部紀要、2007年)
  • 初習外国語教育の諸問題―L2としての中学校英語とL3としての大学教養ドイツ語・フランス語― (群馬大学教育実践研究、2007年)
  • ドイツ語学習指導要領の可能性―CEFRと中学校学習指導要領外国語編を参考に― (群馬大学教育学部紀要、2010年)

など

所属学会[編集]

  • ドイツ文法理論研究会 (編集委員)
  • 日本言語学会
  • 日本独文学会ドイツ語教育部会
  • 日本独文学会 (語学ゼミナール実行委員)
  • 関東支部庶務幹事 (2001年-2003年)
  • 広報委員 (2009年-現在)
  • 秋季研究発表会実行委員