産業構造

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

産業構造(さんぎょうこうぞう)とは、経済学用語の一つ。これは国家においての国民経済産業の比重や仕組みや関係を表すものである[1]

概説[編集]

産業構造は時代によって大きく変化する特性がある。例えばかつての日本農林水産業が多くを占めていたのが次第に減少していき、代わって製造業など商業に関連する業種が増加してきている[2]。また地域単位においても分析されており、複数の地域の産業構造を見てみれば、同じ日本であっても地域が異なるだけで産業構造が大きく異なっているということが分かる[3]

また国家の制度やイノベーションの影響で、構造そのものが変わることがある。例えばアメリカ合衆国などでは植民地支配に基づくプランテーションの利用によって綿花栽培などの繊維産業が一般的だったが、奴隷解放宣言とともに鉄鋼業など他の産業に変遷を見せた[4]。またシェールガス革命によって、北米が天然ガスの純輸出国に転換し、世界的なエネルギー資源の供給構造に影響を与えたこともイノベーションによる産業構造の変化と言われている[5]

この他、第一次産業第二次産業第三次産業というように、需要の形態によっても産業の成り立ちは変わる。2000年代から始まったインターネットの普及に伴いソフトウェアに関連したサービス産業が広がり、こうした産業の垣根を超える動きが出始め、2010年代からはIoTAIの開発が進んだ。

脚注[編集]