生駒致長

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
生駒 致長
時代 江戸時代
生誕 延宝7年11月1日1679年12月3日
死没 元文6年1月16日1741年3月3日
改名 利宗、致知
別名 主水、求馬、大膳、主計、因幡(通称
戒名 俊徳院殿義大操忠居士
墓所 久昌寺
主君 徳川継友宗春宗勝
尾張藩
氏族 生駒氏
父母 父:生駒宗勝、母:石河正光
兄弟 致長正周
阿部正寛
致稠
テンプレートを表示

生駒 致長(いこま むねなが)は、江戸時代尾張藩士、第8代尾張生駒家当主。

概要[編集]

生駒宗勝の家督を継ぎ、尾張藩主に仕え大番頭、大寄合となる。宗春の守役も勤めた。元文6年に没する。家督は、子の致稠が継ぐが早世し、弟・正周の子周房がその跡を継いだ。

参考文献[編集]

  • 尾張群書系図部集第1巻(加藤国光著、八木書店) - 誤植多数有り、注意。