生駒家宗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

生駒 家宗(いこま いえむね、? - 弘治2年2月13日1556年3月24日[1])は、戦国時代武将織田氏の家臣。通称は蔵人。父は生駒豊政。室は西尾吉次姉。子に家長吉乃織田信長の側室)。小折城主。

概要[編集]

生駒氏藤原良房の子孫で、灰や油の商いと馬借で冨を築き、小折城と呼ばれる家屋敷を構えた尾張国丹羽郡小折の土豪。

武家商人として飛騨国から三河国まで広範囲の商圏を有し、犬山城主・織田信清に属していた。その後、夫土田弥平次が戦死したため実家に戻っていた娘・類(吉乃)が織田信長の側室となったことにより、信長に仕え重用された。屋敷は遠方から多種多様な人の集まる場所となっており、弾正忠家の信長は生駒氏の財力と情報力を求めて近づいたともいわれている。

弘治2年(1556年)死去。子の家長は信長に馬廻りとして仕えた。

登場作品[編集]

テレビドラマ

脚注[編集]

  1. ^ 『尾張群書系図部集』