生田幸士

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

生田 幸士(いくた こうじ、1953年 - )は、日本の工学者1977年大阪大学工学部金属材料工学科卒業、及び1981年、同大学大学院修士課程生物工学専攻修了の後、1987年東京工業大学大学院理工学研究科博士後期課程制御工学専攻修了(工学博士)。論文の題は「形状記憶合金を用いたサーボアクチュエータの研究 」[1]

カリフォルニア大学サンタバーバラ校ロボットシステムセンター主任研究員、名古屋大学教授などを経て2010年4月より東京大学先端科学技術研究センター教授。同年紫綬褒章受章。

外部リンク[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 博士論文書誌データベース