生源寺眞一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

生源寺 眞一(しょうげんじ しんいち、1951年10月26日[1] - )は日本の経済学者福島大学農学系教育研究組織設置準備室室長。専門は農業経済学

経歴[編集]

愛知県出身。1976年東京大学農学部農業経済学科卒業。同年農林省農事試験場研究員。北海道農業試験場研究員を経て、1987年東京大学農学部助教授、1996年同教授。2007年から2011年東京大学農学生命科学研究科長・農学部長[2]。2011年から名古屋大学大学院教授。この間、食料・農業・農村政策審議会委員(企画部会長・食糧部会長・畜産部会長など)、日本フードシステム学会会長、農村計画学会会長、日本農業経営学会会長などを務める。現在、食料・農業・農村政策審議会会長、日本学術会議会員、生協総合研究所理事長[3]

著書[編集]

単著[編集]

  • 『農地の経済分析』(1990、農林統計協会
  • 『現代農業政策の経済分析』(1998、東京大学出版会
  • 『アンチ急進派の農政改革論』(1998、農林統計協会)
  • 『農政大改革:21世紀への提言』(2000、家の光協会
  • 『新しい米政策と農業・農村ビジョン』(2003、家の光協会)
  • 『よくわかる食と農のはなし』(2005、家の光協会・新版2009)
  • 『現代日本の農政改革』(2006、東京大学出版会)
  • 『農業再建:真価問われる日本の農政 』(2008、岩波書店
  • 『農業がわかると、社会のしくみが見えてくる:高校生からの食と農の経済学入門』(2010、家の光協会・新版2018)
  • 『農業と農政の視野:論理の力と歴史の重み―』(2010、農林統計出版)
  • 『日本農業の真実』(2011、ちくま新書
  • 『農業と人間:食と農の未来を考える』(2013、岩波現代全書

共著[編集]

編著[編集]

  • 『地殻変動下のコメ政策:川上・川下からのアプローチ』(2000、農林統計協会)
  • 『21世紀日本農業の基礎構造:2000年農業センサス分析』(2002、農林統計協会)
  • 『改革時代の農業政策:最近の政策研究レビュー』(2009、農林統計出版)

共編著[編集]

  • 佐伯尚美)『酪農生産の基礎構造』(1995、農林統計協会)
  • 高橋正郎監修・白石正彦)『フードシステムの展開と政策の役割』(2003、農林統計協会)
  • 農協共済総合研究所)『これからの農協:発展のための複眼的アプローチ』(2007、農林統計協会)
  • 安田弘法中村宗一郎太田寛行橘勝康)『農学入門:食料・生命・環境科学の魅力』(2013、養賢堂
  • (太田寛行・安田弘法)『農学が世界を救う!:食料・生命・環境をめぐる科学の挑戦』(2017、岩波書店)

監修[編集]

監訳[編集]


脚注[編集]

  1. ^ 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.321
  2. ^ 東京大学大学院農学生命科学研究科・農学部 概要 (PDF)
  3. ^ 東京財団 研究員詳細 生源寺眞一

外部リンク[編集]