生活協同組合コープみらい

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
コープみらい花畑店(東京都足立区)

生活協同組合コープみらい(せいかつきょうどうくみあいコープみらい)は、東京都埼玉県千葉県を活動地域とする生活協同組合(生協)である[1]。本部はコープネット事業連合と同様、埼玉県さいたま市南区根岸に置かれている。

概要[編集]

2013年平成25年3月21日コープネット事業連合に加盟する生活協同組合ちばコープ生活協同組合さいたまコープ生活協同組合コープとうきょうの3者が組織合同する形で発足した[1][2]存続法人はさいたまコープ[3]

この合併により、発足時点では日本最大の生協となることになった[4]

また、コープネット事業連合の供給高のうち約70%を占める圧倒的な中核組合となることになった[5]

組合員数3,027,358人、資本金668億円(2014年3月20日現在)。

年表[編集]

  • 2013年平成25年
    • 3月21日 - ちばコープ、さいたまコープ、コープとうきょうが合併し、コープみらいが発足[1][2]
    • 4月5日 - 千葉県で移動販売を開始[6][7]
  • 2014年(平成26年)8月1日 - 首都圏初の生協運営となるサービス付き高齢者向け住宅「コープみらいえ」を開設[8]

店舗[編集]

134店舗(コープ店舗60、ミニコープ店舗74)

店舗以外の事業[編集]

  • 移動販売[6]
  • 夕食宅配[9]
  • サービス付き高齢者向け住宅[8]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c “「コープみらい」「生協ユーコープ」誕生 新たな未来へ前進する生協”. 生協流通新聞 (アド・バンクセンター). (2013年4月5日)
  2. ^ a b 伊藤哲朗 (2013年3月25日). “動き出す2大生協 新分野に挑戦するコープみらい V字回復狙うユーコープ”. 日本食糧新聞 (日本食糧新聞社)
  3. ^ “コープネットの3生協合併=首都圏に供給3500億の新生協 "存在感"ある生協に”. 生協流通新聞 (アド・バンクセンター). (2012年12月5日)
  4. ^ “コープとうきょう・さいたまコープ・ちばコープ合併 来年3月「コープみらい」始動へ”. 日本食糧新聞(日本食糧新聞社). (2012年11月21日)
  5. ^ “コープネット事業連合、コープみらいを中核に一体的運営で構造改革推進”. 日本食糧新聞 (日本食糧新聞社). (2013年6月21日)
  6. ^ a b “コープみらい=千葉で移動店舗 袖ケ浦市で展開”. 生協流通新聞 (アド・バンクセンター). (2013年4月5日)
  7. ^ “コープみらい、千葉県でも移動販売”. 日本食糧新聞 (日本食糧新聞社). (2013年4月10日)
  8. ^ a b “コープみらい=高齢者住宅『コープみらいえ』開所 生協の〝総合力〟を結集”. 生協流通新聞 (アド・バンクセンター). (2014年7月5日)
  9. ^ “コープみらい=夕食宅配 週当たり配食数10万食超 事業通じて地域社会に貢献”. 生協流通新聞 (アド・バンクセンター). (2014年5月5日)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]