生方誠

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

生方 誠(うぶかた せい、1894年明治27年) - 1979年昭和54年))は、日本政治家行政委員群馬県利根郡沼田町(現:沼田市)出身。妻は歌人生方たつゑ、長女は料理研究家生方美智子

経歴[編集]

沼田上之町の老舗薬種商「かどふぢ(角藤)」の29代目として生まれる。旧制前橋中学校利根分校を経て1916年大正5年)に千葉医学専門学校薬学科(現:千葉大学薬学部)を卒業。翌年より5年間アメリカカリフォルニア大学バークレー校に留学した後、郷里へ戻って家業を継ぐ。1926年(大正15年)に三重県出身の間宮たつゑと結婚。その後地方政界へと進出し群馬県議会議員や沼田町長、そして1948年(昭和23年)3月から1950年(昭和25年)3月までの2年間は国の行政委員として初代の国家公安委員(他に辻二郎植村環清瀬三郎金正米吉)を務めた。

1979年(昭和54年)に死去。満85歳没。

関連文化遺産[編集]

東日本で最も古い町家造りの建築物とされる生家は1970年(昭和45年)に国の重要文化財に指定され、沼田公園内に移築保存されており(旧生方家住宅)、隣にある生方記念資料館には誠が収集した書画などが展示されている[1]。また、1986年(昭和61年)に長女の美智子が同市内に設け1993年(平成5年)に市に寄贈した生方記念文庫は誠が集めた洋書を所蔵している[2]

エピソード[編集]

絵画文学演劇などに造詣が深く、演劇においてはもともと幼少期から父の影響でに親しんでいたのに加え、米国留学時には「ギニョールマリオネット」と呼ばれる人形劇に熱中したという。また、シェークスピア研究を介して坪内逍遥とも交流があった[3]

脚注[編集]