生放送!おもしろ寄席

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
生放送!お笑い名人会

爆笑おもしろ寄席
Asakusa engei hall.jpg
番組の生放送が行われていた浅草演芸ホール
ジャンル 演芸番組
放送国 日本の旗 日本
制作局 テレビ東京
出演者 みのもんた
立川左談次
桂米助
三笑亭夢之助
柳家権太楼
笑福亭鶴光
古今亭菊千代
鈴々舎馬風
ほか
音声 モノラル放送
生放送!お笑い名人会
放送時間 月曜 20:00 - 20:54(54分)
放送期間 1985年10月14日 - 1988年3月28日
爆笑おもしろ寄席
放送時間 火曜 20:00 - 20:54(54分)
放送期間 1988年4月19日 - 1988年9月20日
テンプレートを表示

生放送!お笑い名人会』(なまほうそう おわらいめいじんかい)は、1985年10月14日から1988年3月28日までテレビ東京で放送されていた演芸番組である。その後も1988年4月19日から同年9月20日まで『爆笑おもしろ寄席』(ばくしょうおもしろよせ)と題して放送されていた。いずれも浅草演芸ホールからの生中継。

概要[編集]

みのもんたが司会を務めていた番組シリーズで、立川左談次桂米助三笑亭夢之助柳家権太楼笑福亭鶴光がレギュラー回答者を務めていた。

番組は、前半の演芸2 - 3題と後半の大喜利によって構成。演芸の合間にはみのの軽妙なトークで繋いでいた。また、20時40分前後には「笑いと恐怖のハリセン大喜利」が行われていた。良い回答をした人物には古今亭菊乃(後の古今亭菊千代)が飴玉を振舞い、悪い回答をした人物には五代目鈴々舎馬風が座布団運びならぬ「ハリセン大魔王」として現れ、容赦なくハリセンで叩きのめした。レギュラー回答者たちが馬風に対して悪態をつくような回答をするたびに容赦なくハリセンが飛び、観客を爆笑させた。

放送時間[編集]

いずれも日本標準時

  • 月曜 20:00 - 20:54 (生放送!お笑い名人会)
  • 火曜 20:00 - 20:54 (爆笑おもしろ寄席)
テレビ東京系列 月曜20:00枠
前番組 番組名 次番組
月曜テレビジョン
(1984年10月8日 - 1985年9月23日)
※19:03 - 20:54
生放送!お笑い名人会
(1985年10月14日 - 1988年3月28日)
生テレビ!東京探検
(1988年4月11日 - 1989年3月20日)
※火曜20:00枠から移動
テレビ東京 火曜20:00枠
生テレビ!東京探検
(1987年10月6日 - 1988年3月29日)
※月曜20:00枠へ移動
爆笑おもしろ寄席
(1988年4月19日 - 1988年9月20日)
お笑い特選名人館
(1988年10月11日 - 1989年3月14日)