生島広治郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

生島 広治郎(生島 廣治郎[1]、いくしま ひろじろう、1897年明治30年)7月4日 - 1983年昭和58年)10月2日[2])は、日本の経済学者。

人物[編集]

神戸生まれ。生島藤吉の二男[3]。1920年神戸高等商業学校卒、1922年東京商科大学附属専攻科卒、1945年「世界経済学ノ根本問題」で神戸商業大学経済学博士。23年神戸高商講師、26年教授、28-30年ドイツに学び、30年神戸商業大学助教授、33年教授、44年神戸経済大学教授となるが、45年退官し、46年より丸紅飯田伊藤忠などで社員教育などの指導にあたる。1951年近畿大学教授に転じ、商経学部長、世界経済研究所長、理事を務めた[4]。79年退任、名誉教授[5]。宗教は神道[3]

家族・親族[編集]

生島家

兵庫県神戸市神戸区山本通、同区元町[3]

  • 父・藤吉[3]
  • 母・くに[1]
  • 兄・藤蔵(兵庫県多額納税者、帽子雑貨商[1]、生島帽子店、生島地家各代表[3]
1884年 -
  • 妻・文子[3]
1907年 -

著書[編集]

  • 『世界経済の基礎概念』宝文館 1932
  • 『独逸輸出工業論』神戸商業大学商業研究所叢書 大阪宝文館 1932
  • 『世界経済論 世界経済の構造変動』新経済全集 日本評論社 1934
  • 『現代の貿易と貿易政策』日本評論社 1936
  • 山西省の工業発展 北支経済の研究』神戸商業大学商業研究所叢書 大阪宝文館 1937
  • 『世界経済学の基調』フタバ書店 1957
  • 『世界経済学著作選集』全3巻 白桃書房 1974

共編著[編集]

  • 『協同組合論』戸田京次共著 フタバ書店 商学経済学大系 経済学篇 1953
  • 『貿易経営論』森沢秀二共著 フタバ書店 商学経済学大系 商学篇 1954
  • 『輸出マーケティング戦略論』編 千倉書房 1964
  • 『国際マーケティング政策 貿易と海外企業進出』編著 中央経済社 1966
  • 『経営学ハンドブック』阪本安一,大塚俊郎共編 東洋経済新報社 1968
  • 『現代商業論』編 中央経済社 1969
  • 『消費者のためのマーケティング』杉本達哉,渡辺敬二,及川良治著(編)白桃書房 1970
  • 『国際マーケティング戦略』編著 中央経済社 1971

翻訳[編集]

  • カルバートスン『国際経済政策』同文館 1928
  • A.ジョンソン, G.ジョーンズ, D.ルカス編『一兆ドルの消費市場 ’75年の日本とアメリカ』監訳 ダイヤモンド社 1969
  • S.ハイマン『国際経営と経済開発』監訳 江夏健一,松村文武,米倉昭夫訳 東洋経済新報社 1969

論文[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 『大衆人事録 第12版 近畿・中国・四国・九州篇』兵庫12頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2017年12月12日閲覧。
  2. ^ 『著作権台帳』。
  3. ^ a b c d e f g 『人事興信録 第14版 上』イ104頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2017年12月12日閲覧。
  4. ^ 『世界経済学著作選集』年譜。
  5. ^ 生島広治郎先生略歴・著作目録 (生島広治郎所長退任記念号)世界経済リポート 1979-12。

参考文献[編集]

  • 帝国秘密探偵社編『大衆人事録 第12版 近畿・中国・四国・九州篇』帝国秘密探偵社ほか、1938年。
  • 人事興信所編『人事興信録 第14版 上』人事興信所、1943年。