生地温泉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Hot springs 001.svg生地温泉
Tanakaya.jpg
生地温泉たなかや
温泉情報
所在地 富山県黒部市生地吉田新
座標 北緯36度53分55秒
東経137度24分52秒
座標: 北緯36度53分55秒 東経137度24分52秒
交通 車 - 北陸自動車道黒部IC
鉄道 - あいの風とやま鉄道生地駅
泉質 塩化物泉
泉温(摂氏 13.1 ℃
湧出量 約18,720 L/日(約13 L/分)
宿泊施設数 1
総収容人員数 105 人/日
外部リンク 生地温泉たなかや
テンプレートを表示

生地温泉(いくじおんせん)は、富山県黒部市生地(旧国越中国)にある温泉

温泉街[編集]

生地第一温泉

芦崎にある生地温泉たなかやと経新にある生地第一温泉(大坪旅館)の2軒の温泉宿があった。なお、生地第一温泉は平成23年6月30日をもって旅館部を廃業し、7月31日に営業を休止した。

泉質[編集]

生地温泉たなかやは、

  • 塩化物泉
    • 源泉温度13.1℃
    • 多量の塩分を含んでいるため、温泉は塩辛い。

生地第一温泉(大坪旅館)は、

  • ホームページによれば含硫酸苦土食塩泉
    • 源泉温度16〜17℃
    • 多量の塩分を含んでいるため、温泉は塩辛い。

効能[編集]

生地温泉たなかやは、

  • 神経痛リュウマチ/外傷骨折火傷/婦人病/運動機能障害/関節痛/筋肉痛/五十肩/消化器/神経痛/創傷/打ち身 など

 ※効能はそれを万人に保証するものではない。

生地第一温泉は、

  • 消化器病、婦人病 など

 ※効能はそれを万人に保証するものではない。

歴史[編集]

生地温泉たなかや上杉謙信による発見、という開湯伝説がある。また、詩人田中冬二の父の本家であり、資料展示室がある。

生地第一温泉(大坪旅館)は1901年開湯。当時は塩湯、または大坪第一鉱泉と称していた。第一とは生地で最初に開いた温泉旅館ということからである。

アクセス[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]