生きる歓び

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
生きる歓び
Che gioia vivere
監督 ルネ・クレマン
脚本 ルネ・クレマン
ピエロ・デ・ベルナルディ
レオ・ベンヴェヌーティ
音楽 アンジェロ・フランチェスコ・ラヴァニーノ
撮影 アンリ・ドカエ
配給 東和
公開 フランスの旗 1961年5月11日
日本の旗 1962年5月5日
上映時間 117分
製作国 フランスの旗 フランス
イタリアの旗 イタリア
言語 イタリア語
テンプレートを表示

生きる歓び』(いきるよろこび、: Che gioia vivere: Quelle joie de vivre)は、1961年イタリアフランス合作映画である。

ルネ・クレマングァルティエロ・ヤコペッティの共作を映画化している。テロやゲリラなどが出てくる題材でありながらも深刻にならずに描き、ユーモアと恋愛をも絡めたライト・コメディにも近い異色青春映画である。アラン・ドロンアナーキスト一家の娘と恋に落ちる青年を演じている。

ストーリー[編集]

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
NHK総合 TBS
ユリス アラン・ドロン 堀勝之祐 野沢那智
フランカ・フォッサーティ バルバラ・ラス 鈴木弘子 塚田恵美子[1]
オリント・フォッサーティ ジーノ・チェルヴィ 外山高士 大宮悌二
ローザ・フォッサーティ リナ・モレリ 島美弥子
祖父 カルロ・ピサカーネ 槐柳二
ゴルゴラーノ パオロ・ストッパ
  • 吹き替え放映
NHK総合版:1971年2月7日(日) 14:30~16:00
TBS版:1973年5月5日(土)

スタッフ[編集]

外部リンク[編集]

  1. ^ 放映当時の表記は“塚田えみ子”