甘泉園公園

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
甘泉園公園入口

座標: 北緯35度42分42秒 東経139度42分59秒 / 北緯35.711612度 東経139.716298度 / 35.711612; 139.716298 甘泉園公園(かんせんえんこうえん)は、東京都新宿区西早稲田にある新宿区立の公園である。

元々当地は徳川御三卿の一つ・清水家の下屋敷があったところで、当公園は屋敷にあった回遊式の大名庭園であった。当地から湧き出ていた湧き水がお茶に適して評判であったことから、「甘泉園」と呼ばれていた。明治時代には相馬子爵家の邸宅になったが、昭和13年に近隣にある早稲田大学の施設となった。戦後は東京都に売却されて都立公園となったが、1969年に新宿区の管轄となって現在に至る。

日本庭園

名の由来となった湧き水は枯れているが、現在でも大名屋敷の回遊式庭園の面影を多分に残した日本庭園を主体とした公園となっている。冬になると雪吊した樹木を見ることが出来る。

歴史[編集]

  • 明和年間 - 清水家の下屋敷となる。
  • 明治時代 - 相馬子爵家の邸宅の一部となる。
  • 1938年- 早稲田大学の付属施設になる。
  • 1961年 -早稲田大学が建物の増築にあたり、旧水稲荷神社の境内の敷地を購入する代わりに当地を都に売却する。水稲荷神社が当地に移転した。
  • 1969年 -新宿区に移管。


アクセスなど[編集]

隣接施設[編集]

  • 水稲荷神社(戸塚稲荷神社)…元々当神社の敷地も甘泉園の敷地であった。
  • 甘泉園住宅…当地も元甘泉園の一部。現在は公務員住宅となっている。

外部リンク[編集]