瓶詰の地獄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

瓶詰の地獄』(びんづめのじごく)は、探偵小説作家夢野久作小説。雑誌『猟奇』の昭和3年(1928年)10月号に掲載された。掌編ともいうべき短い作品。

作品の題名について[編集]

この作品は『瓶詰地獄』の題名でも知られている。

久作は、この作品を『猟奇』(1928年(昭和3年)10月号)に発表した後も、新刊本に収録されるたびに改稿を何度か繰り返した。まず、改造社の『日本探偵小説全集 第十一篇 夢野久作』(昭和4年)に収められたときは、文章中のルビを新たに大幅に打っている。春陽堂の日本小説文庫に収録されるとき、多少の改稿とともに、題名も『瓶詰地獄』と変更になった(1933年)。

戦後、夢野作品は再評価され、さまざまな出版社の文庫に迎えられる。「瓶詰」も夢野作品として名前を連ねた。収録された文庫によって「瓶詰の地獄」「瓶詰地獄」とまちまちであるが、それは戦前の刊本のいずれを底本としているかによる。

現在夢野作品の文庫本として入手可能な「瓶詰」は、角川文庫版『瓶詰の地獄』、ちくま文庫版『夢野久作』『夢野久作全集8』、創元推理文庫版『日本探偵小説全集4 夢野久作集』である。また近年まで出回っていて、入手がさほど難しくないと思われるのが、角川ホラー文庫版『夢野久作怪奇幻想傑作選 あやかしの鼓』である。このうち、『日本探偵小説全集4 夢野久作集』の「瓶詰の地獄」は『猟奇』初出のものを底本としており、『猟奇』初出にのみ付されていたという久作直筆のビンの挿絵も載っている。一方、他の文庫では、1929年の「瓶詰の地獄」、1933年の「瓶詰地獄」を底本としている。

ほか、ホラーアンソロジーにも収録されることがある。なお、どの底本も言い回しなどが多少変わっているだけで、ストーリーなどは変わらない。

書簡体形式[編集]

この作品は、3部の手紙から成り立っている(冒頭の公文書を除く)。

この書簡体形式は、『少女地獄』や『押絵の奇蹟』にも使われたものである。『死後の恋』や『悪魔祈祷書』に見られるような独白体形式とともに、夢野作品の短篇ではこの2種類の手法が効果的に用いられていることが多い。

作品の解釈について[編集]

久作畢生の大作『ドグラ・マグラ』が、今もなおさまざまな解釈が当てられて解説されるように、この『瓶詰の地獄』についてもまた、さまざまな解釈が可能である。

一般的な解釈とされるのは、この作品における3篇の手紙が、第3、第2、第1の瓶の内容の順番で書かれたとするものである[1]

映画[編集]

本作品を翻案した映画『瓶詰め地獄』がある。1986年にっかつ配給、川崎善広監督、ガイラ脚本。

脚注[編集]

  1. ^ 例えば『文章読本―文豪に学ぶテクニック講座』(中条省平著、朝日新聞社、2000年、181-189頁、ISBN 978-4022574671)がこの説をとっている。

外部リンク[編集]