瓦曽根溜井

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
瓦曽根溜井

瓦曽根溜井(かわらぞねためい)は、埼玉県越谷市にある溜池。現在は逆川の下流部となっているが、灌漑期には堰止められ溜井として機能する。

概要[編集]

1600年頃に瓦曽根堰が元荒川に設置され溜井ができた。農業用水のための溜井として江戸期から利用されていた。西部の一部が埋め立てられ、越谷市役所などが建設された(主に越ヶ谷4丁目にあたる部分)。葛西用水谷古田用水八条用水が分水している。岸沿いに葛西親水緑道が整備され、花菖蒲アジサイが植えられている[1]。非灌漑期にはキタミソウ(環境省レッドデータブック絶滅危惧1A類に分類)が溜井に群生する[2]

鳥文斎栄之筆「瓦曽根溜井図」が越谷市指定文化財となっている。

周辺[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 広報こしがや季刊版 夏号(平成24年6月) (PDF) p. 5 - 越谷市、2015年12月6日閲覧。
  2. ^ 水の都(瓦曽根堰と瓦曽根溜井) (PDF) - 埼玉県、2015年12月6日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

座標: 北緯35度53分16.4秒 東経139度47分51.6秒