瓦そば

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
門司港レトロ海峡プラザ「元祖瓦そば たかせ」門司港レトロ店

瓦そば(かわらそば)は、山口県下関市豊浦町発祥の料理。

概要[編集]

熱したの上に茶そばと具材を載せて、温かいめんつゆで食べる料理である。

1877年明治10年)の西南戦争の際に熊本城を囲む薩摩軍の兵士たちが、野戦の合間に瓦を使って野草、肉などを焼いて食べたという話に参考にして、1961年昭和36年)に川棚温泉旅館を営む高瀬慎一が宿泊者向けの料理として開発したとされる[1]。これが評判となり川棚温泉の他の旅館でも提供され始め、「川棚温泉の名物料理」とされるようになった[2]。さらには下関市を初め山口県内各地でもご当地グルメとして広まり、山口県出身者等により山口県外でも供される店が存在する。

一部の料理店では瓦ではなくステーキ用の鉄板で供されることもあり、この場合は「茶そば鉄板焼」と呼ばれることも多い。

山口県内では広く家庭でも食されており、家庭向けに蒸した茶そばとつゆのセットがスーパーマーケットなどで売られており、家庭でも調理されることもあるがもちろん、家庭では瓦に載せて供されることは皆無であり、ホットプレートフライパンが用いられる。調理法としては焼きそばに近く、家庭向け袋入り製品には「瓦焼きそば」と表示された商品もある[3]

調理法[編集]

  1. あらかじめ具材を用意する。錦糸卵と細切れの牛肉(甘辛い味を付けたもの)が一般的。
  2. 茹でた茶そばを炒める。基本的には瓦の上では炒めず、別途鉄板などで炒める。焼きそばのように炒めると麺が細切れになるため、炒めるというよりは焼き付ける感じで火を入れる。
  3. 熱した瓦の上に茶そばをのせ、具材を色よく盛りつけ、その上から薬味として刻み小ねぎのり、スライスしたレモンもみじおろしをトッピングする。
  4. 茶そばと他の具を一緒に温かいめんつゆにつけて食べる。また、つゆには薄切りにしたレモンを入れ、好みに応じて、もみじおろしを加える。
  • 瓦で供される店では、瓦1枚の上に2~3人前が盛りつけられる。
  • 家庭で調理する際は、ホットプレートで炒めた上に直接具を盛りつける。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 瓦そばたかせについて”. 株式会社瓦そばたかせ. 2016年2月7日閲覧。
  2. ^ 川棚温泉名物 瓦そば”. 豊浦町観光協会. 2016年2月7日閲覧。
  3. ^ “【仰天ゴハン】瓦そば(山口県下関市)瓦の上で熱く焦がれて”. 読売新聞日曜版. (2018年7月1日). http://premium.yomiuri.co.jp/pc/#!/news_20180630-118-OYTPT50390/list_NICHIYOUBAN 2018年8月21日閲覧。 
  4. ^ “【料理と酒】「逃げ恥」の瓦そばにチャレンジ”. 産経新聞. (2016年11月30日). http://www.sankei.com/life/news/161130/lif1611300003-n1.html 2017年8月7日閲覧。