環境白書

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

環境白書(かんきょうはくしょ)は、環境省が毎年5月ないし6月頃に発行する白書。前年度の自然環境状況に関する報告、本年度に目指す環境保全に関する施策の二部構成になっている。

前身は昭和44年(1969年)〜昭和46年(1971年)に厚生省が発行した『公害白書』である。これが昭和47年版(1972年)より『環境白書』へ名を変え、新しく発足した環境庁が発行した。平成13年版(2001年)以降は環境省が発行している。平成19年版(2007年)からは『循環型社会白書』と合本になり、平成21年版(2009年)からはさらに『生物多様性白書』も加えた合本になった。

中学生・高校生を対象に総説の内容を図表中心にまとめた『図で見る環境白書』、小学生・中学生を対象に白書の内容をわかりやすくまとめた『こども環境白書』も毎年発行されている。

外部リンク[編集]