環境映像

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

環境映像(かんきょうえいぞう)は、地球上の自然を描写・描画した映像である。

種類[編集]

環境映像は地球上の自然を映し出したものである為、その種類は地球・動物等多岐にわたる。

利用手段[編集]

特定のメッセージの伝達ではなく、その場の雰囲気を和らげる目的で行われることが多い。 また、簡素な説明のテロップが入る事もある。

テレビ[編集]

  • テレビでは放送終了から翌日の放送開始までの時間帯(フィラー)や、放送事故の復旧までの間に流されることが多い[1]
  • 日本航空123便墜落事故以前は、CM自粛の際の差し替え手段としても用いられていた[2]
  • また、事情により本来放送する予定であった番組を放送中止する事により代替に使用する場合もある。

その他[編集]

テレビ以外でも、動画PRや休憩など、さまざまな目的で放映されている。

脚注[編集]

  1. ^ 一例として、NHK(日本放送協会)ではテレビ放送における終夜放送実施の際、同局の保有している(いた)過去の映像や独自に空撮(空中撮影)した映像をフィラー枠として用いる。
  2. ^ 現在は、公共広告機構→ACジャパンに差し替える場合が多い。