瑞穂産業

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
瑞穂産業株式会社
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 日本の旗 日本
愛媛県今治市地堀6丁目4番32号
設立 1960年
業種 海運業
事業内容 船舶貸渡業(船主)
代表者 代表取締役社長 越智功和
資本金 14,000千円
従業員数 19名
テンプレートを表示

瑞穂産業株式会社(みずほさんぎょう)は、愛媛県今治市地堀に本社を置く日本海運会社。

概要[編集]

船舶を所有し、海運会社に貸し出す船舶賃貸業(船主)を営んでいる。

1947年に越智鶴亀が創業し、親類が共同で出資し機帆船(石炭船)を所有したのが始まりである[1]。現在はケープサイズの船舶を中心に40隻弱を保有している[2]

沿革[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b https://www.jmd.co.jp/article.php?no=236919 【日本船主の航跡】瑞穂産業・越智功和社長(上)/造船所が遊び場、船に親しみ] - 日本海事新聞電子版(2018年7月11日)、2020年12月12日閲覧。
  2. ^ 【インタビュー 激動期の船主経営】瑞穂産業社長・越智功治氏/環境コスト、社会全体で負担を - 日本海事新聞電子版(2017年11月24日)、2020年12月12日閲覧。
  3. ^ 株式会社いよぎん地域経済研究センター(2018年)『産業を語る愛媛13のオーラルヒストリー』、116頁。
  4. ^ 株式会社いよぎん地域経済研究センター(2018年)『産業を語る愛媛13のオーラルヒストリー』、127頁
  5. ^ 【日本船主の船跡】瑞穂産業・越智功和社長(中)/内航2法成立期に外航船に進出 - 日本海事新聞電子版(2018年7月18日)、2020年12月12日閲覧。
  6. ^ a b 【日本船主の航跡】瑞穂産業・越智功和社長(下)/「安定感ある会社」が最重要 - 日本海事新聞電子版(2018年7月25日)、2020年12月12日閲覧。
  7. ^ 株式会社いよぎん地域経済研究センター(2018年)『産業を語る愛媛13のオーラルヒストリー』、131頁。
  8. ^ a b 式会社いよぎん地域経済研究センター(2018年)『産業を語る愛媛13のオーラルヒストリー』、116頁。
  9. ^ 当社初の30万トン鉱石船「OITA MARU」(大分丸)が竣工 - 日本郵船、2020年12月12日閲覧。